林修の今でしょ講座の中で、紫外線対策について講義がされていました。

女性だけではなく、男性も考えるべき紫外線対策を紫外線のスペシャリスト日比野佐和子先生が教えてくれます。

紫外線は4月ごろから徐々に強くなり6月にピークを迎えます。今紫外線対策をしなければ意味がないということです。

紫外線がシミとしわの原因?

紫外線によるしわ

皮膚老化の原因の8割が紫外線と言われているそうです。しわやたるみというのはこれまでは加齢が原因と考えられていましたが、紫外線なのだそうです。

2012年に発表された学会誌の中で、顔面の左半分だけがしわだらけになった写真が公開されました。その方の職業はトラックの運転手で左側だけが紫外線に当たった結果だったのだそうです。

何も考えずに太陽の日を浴び続けるが自分の肌を老化させ、しわだらけの顔を作ってますということですね。

私は高齢者と接することが多いですが、確かにあまり外にでないという人はしわが少ない人が多いような印象を受けます。

紫外線によるシミ

若い女性から・一見シミのない女性・男性でもシミの予備軍は皮膚の中に大量にある可能性があります。

専用の機器を使ってみた結果、シミのないと思っていた自信満々の方々にもたくさんのシミが見受けられていました。

紫外線を浴びると薄毛になる

紫外線を浴びると男性ホルモンが増えるそうです。そして、毛根近くで酵素と結合し髪の毛を成長させる細胞を攻撃するそうです。

そしてしみの出やすい場所は鼻の頭・頬があげられるので、男性も女性も日焼け止めを入念に塗った方がいいです。

紫外線とがんの関係

紫外線対策をしないとホクロが皮膚がんに変わる可能性があるそうです。実際に紫外線対策をしない人はがんになる確率がかなり高いそうです。

がん化する可能性のあるホクロの特徴

  • 形が非対称
  • 周りがギザギザ
  • 色が黒色主体ではない
  • 長さが6mmを超える
  • ホクロが急激に変化

鏡を見て自分のホクロをチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

日比野佐和子先生が教える紫外線対策

新陳代謝を高めて肌の生まれかわりを早くすることによって紫外線でダメージを受けた肌もシミになりにくくなるのだそう。新陳代謝を上げることで脂肪の燃焼を促すことができて一石二鳥だということです。

肌の生まれ変わりにサイクルは20代では約30日ですが、30代になると約40日、40台になると…とどんどんとサイクルが遅くなっていきます。

サイクルを少しでも早くすることによって紫外線対策をする方法です。

1日5食

血糖値が高い状態が続くと活性酸素が作られやすくシミができやすいそうです。5回に別けて食べることで血糖値の急上昇を抑えることがポイントです。

血糖値が上がった状態だと身体の中の糖と肌の細胞と結合するし紫外線の影響を受けやすい肌になってしまうのだそうです。ですので5回に食事を分けて血糖値の変化を少なくするということですね。

ただし、1日の総カロリー量は増やさないことが必要です。1食分の摂取量を抑えることが大切なので、1回の食べる量を減らして、回数を増やすということです。

ホワイトオムレツを食べる

ホワイトオムレツとは卵白で作ったオムレツのことです。卵白には紫外線によって壊された皮膚を修復する役割があるそうです。肌にとって良質なタンパクが卵白には多く含まれていて、新陳代謝が上がり、シミができにくくなることが期待できるそうです。

お風呂上がりに氷で首マッサージ

首の周りには褐色脂肪細胞という身体の代謝を上げる細胞が首の周りや鎖骨の周りに多いのだそうです。この細胞は冷やすことによって活性化するそうです。

お風呂で温まった後に首の周りを冷やすことで代謝を上げることにつながるそうです。

マッサージの方法は、ペットボトルに8割ぐらいの水を入れて凍らせます。そして、お風呂上がりに首周りを転がすように冷やしていきます。全体で2~3分程度でOKです。すごく冷たいと感じる前にやめることがポイントです。褐色細胞は18℃以下で活性するそうなので、冷やしすぎには注意してください。

鎖骨の上も冷やすといいようです。

正しい日焼け止めの塗り方

5点置き

日焼け止めを額・両頬・鼻・顎の5点に置いてから、指で肌に乗せるように優しく塗る。決して刷り込むようにはしないことがポイントです。

時間はかかりますが皮膚の表面に日焼け止めをのせていく感覚ですると、均一にムラなく塗ることができます。

日焼けした後はホットヨーグルトを食べる

日焼けをしたくなくてもどうしても日に当たることが避けられないこともあると思います。そのような時はホットヨーグルトを食べるといいそうです。

ヨーグルトは40℃~50℃の湯煎して温めると乳酸菌がより活性化します。

乳酸菌が腸管を刺激して血流を良くすることで、皮膚に栄養が届き肌の新陳代謝があがるそうです。その他にも乳酸菌を取ることで肌の保湿効果を高めるという研究データーもあるそうです。

女性だけでなく男性も紫外線対策をして一石二鳥な体を作っていきたいですね。

スポンサードリンク