1. TOP
  2. 老化予防に役立つ調味料『みそ』正しい使い方できてますか?

老化予防に役立つ調味料『みそ』正しい使い方できてますか?

美容な話題
この記事は約 4 分で読めます。 186 Views

私達日本人にとっては欠かせない調味料である味噌。

朝はご飯はという人には毎朝欠かせないのはお味噌汁ですよね。朝はごはんではなくても、1日の食事の中では1回は味噌汁飲みたくなりますよね。

6e7aff3c78152b9275f75722116f8ac2_s

しばらく海外旅行に行くと本当に恋しくなります。(最近は昔ほどではないかな…)

そんな味噌ですが、約1500年前から使い続けられる歴史ある調味料なのです。そして、味噌のパワーの源は原料の大豆ですよね!

そんな味噌には老化防止を期待できるすごい成分が含まれていたのです。

10月6日放送の林修の今でしょ講座より、料理研究家で栄養士の青木敦子先生がお味噌のパワーと正しい使い方を紹介してくれます。

スポンサードリンク

若々しく保ちたい人にオススメ!効果的な味噌パワー

  • 大豆サポニン
  • 大豆イソフラボン
  • 大豆レシチン

大豆サポニンのサポニンは泡という意味で大豆を煮た時に出る泡から来ているのです。大豆サポニンはコレストロール値を下げ、血栓の原因になる資質を抑制する可能性があります。

ですから、大豆を似た時にでる泡は灰汁ではなく大豆サポニンなので、捨てない方が良いのです。

さらに、大豆イソフラボンは女性ホルモンのような働きをし、大豆レシチンは血管をキレイに保つ働きをします。

そして、味噌の栄養は大豆からのものが多いのですが、大豆そのものよりを食べるよりも味噌の方が栄養が吸収されやすくなるのです。それは、味噌が発酵されているために栄養の吸収がよくなるのです。

味噌の正しい使い方

味噌を間違った使い方をすると、味噌の老化予防作用の効果が激減してしましまいます。味噌汁を作るときにこんな使い方をしていませんか。

出汁を入れて具材を煮込んで、味噌を入れるときに火を入れっぱなし…もしくは火を止めてすぐに味噌を入れる…。

このような味噌汁の作り方をしてしまうと、味噌のもつ老化予防作用をつぶしてしまいます。

その理由は、味噌の中に含まれている酵母や乳酸菌は加熱することで失われてしまうのです。その温度はなんと50℃以上から効果が失われるといわれているのです。

ですから、火を止めてすぐに味噌を入れると味噌の持ついいところが全く生かせないのです。

味噌に含まれる酵母や乳酸菌を活かしたいのであれば、味噌を溶かす温度は50℃がポイントです。

スポンサードリンク

味噌のパワーを最大限に活かす方法

鯖の味噌煮などなど、魚料理に味噌を使うこと結構ありますよね。魚料理に味噌を使う理由は味噌に臭いを吸着させて臭みをとるという役割と、味付けの意味がアリますよね。

こんな魚料理に味噌を使う時、味噌パワーを最大限に活かすためには次のように使います。

  • 加熱時には薄めに味付け
  • 50℃以下で再び味付け

高温と低音で二度味噌を使えば体に良い成分を一緒に取ることができるのです。

味噌のプロが教える【バイキング】達人が教える激ウマ味噌料理7選も参考になります。

味噌の塩分が気になる人はこうすればイイ

味噌汁は飲みたいけど、血圧も高いし塩分が気になる…。そんな人には味噌汁の具材にワカメを入れることがオススメです。

ワカメに含まれるカリウムは塩分の排出を促すことができるのです。

ですからカリウムを多く含む食材『小松菜・ほうれん草など』を一緒に入れることである程度は塩分の解消に繋がるのです。

味噌汁にも役に立つ黄金の食べ合わせはダイエット・脂肪燃焼・疲労回復効果に抜群の天国の食べ合わせで紹介しています。

 

味噌の使い方間違えていなかったですか?朝味噌汁を作るときは時間に追われてしまって冷ます事がなかなかできないですが、時間に余裕を持って味噌のちからを少しでも吸収出来るようにしたいですね。老化防止に役立つことは何でもしていきたいですね。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

普段は治療家としてお仕事中のセミシングルファーザー!日々感じる話題を色々と紹介しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 京都でおすすめの天橋立海水浴場!駐車場も海の家も近くにあるからおすすめ

  • 汗の臭いを落とす洗濯の方法!ちょっとの工夫で嫌な臭いとはおさらば

  • 筋トレの後に糖質を摂ると効果がアップ!ダイエットにも役立つ!

  • むくみ解消法で効果があるのはどれ?効果が期待できる第3のポンプとは

関連記事

  • ユーグレナが便秘解消に役立つ。豊富な栄養素がダイエットにいい!

  • がごめ昆布が美容で注目されている理由とは【初耳学】

  • 目の下のクマの原因とクマを消す方法。眼輪筋を鍛える!

  • 【ひるたつ】しみ・シワに効く最強食材『サケ』の正しい食べ方とは

  • ふくらはぎのむくみをマッサージでとって美脚にする方法とは

  • バイキング!汗の臭いの原因は?プロが教える汗対策とは