林修の今でしょ講座の中から女性には嬉しい肌荒れに効果が期待できる調味料『トマトケチャップ』の正しい使い方が紹介されていました。

200ff59246839219f51992b8fcca2eb1_s

トマトケチャップの正しい使い方を教えてくれていたのが、身近な調味料のパワーを色々と紹介されていた料理研究家で栄養士の青木敦子先生です。

スポンサードリンク

肌荒れ防止に役立つのがリコピン

トマトケチャップが肌荒れにイイと言われているのはトマトケチャップに含まれているリコピンなのです。

リコピンはよく耳にすると思いますが、リコピンは紫外線による肌の酸化を抑える抗酸化作用は若返りのビタミンと言われるビタミンEの約100倍も含まれているのです。

紫外線などにより活性酸素が増えて、皮膚が酸化することによって起こると言われている肌の老化。リコピンは活性酸素を消去する作用があり美肌効果が期待できると言われています。

しかし、ただケチャップを使えばいいというわけではありません。正しいケチャップの使い方をしなければ意味がありません。

トマトケチャップが苦手な人はこれでリコピンを補給するのもありですね。

トマトケチャップの正しい使い方

トマトケチャップを正しい使い方のポイントは量です。トマトケチャップが1日に必要とされる量は大さじ4杯です。

健康な成人男女の目安なので、塩分を控えるなどの必要性がある人は注意してください。

 「大さじ4杯ってちょっと多すぎない?」と思ってしまうのですが、生のトマトにすると大変な量になります。

リコピンは1日に15~20㎎摂ると効果があると言われているのですが、生のトマトで摂ろうと思うと大きいトマト2個分も必要になるのです。

リコピンは食物繊維の中に多く含まれているので生のままだと摂取しにくいそうです。

ですから、熱を加えたり、加工されたりしている方が細胞膜が壊れて、リコピンが飛び出して吸収しやすくなるのです。

スポンサードリンク

リコピンの吸収率を上げるケチャップの使い方

トマトケチャップと相性がいいのは油なのです。リコピンは脂溶性なので油に溶ける性質があります。そのまま摂ることよりも油と一緒に摂った方が吸収率が上がるのです。

『ポテトフライにケチャップ』『ナポリタン』『オムライス』は理にかなったケチャップの使い方なのです。

青木先生おすすめはすき焼きを食べた後、最後にケチャップを使うのもおすすめだそうです!

 

普段良く使うケチャップも正しく使ってリコピンをより効率よく摂取して肌荒れ防止に役立てましょう!!

スポンサードリンク