1月31日放送の林先生の初耳学で放送されていたのが、飲んだあとに食べたくなるしめのラーメン。

美味しいお酒を飲んだあと何故かラーメンが食べたくなるんですよね。

帰りにラーメン屋によってから帰ることって多くないですか?

ラーメン屋によらなければカップラーメンを買って家で食べたりして・・・

お酒でも太り、しめのラーメンでも太りなかなか・・・ですがやめられないですよね。

79fa8d7c0e9d3bcc498bef80e54d14d2_s

お酒の後のラーメンはなぜやめられない

お酒を飲んだ後のラーメンが食べたくなるのには実は科学的な根拠があり、食べてしまいたくなるのは仕方が無いことがあるのです。

横浜市立大学附属病院の結束貴臣先生は「飲酒後のラーメンは本能なのです」と語ります。

なぜラーメンが欲しくなるのか理由を書いていきますよ・・・。

アルコールを摂取すると肝臓がアルコールを分解してくれます。

ラーメンが食べたくなるのは、血糖値を上昇させるため

肝臓がアルコールを分解しているときは、その作業に集中します。

そうすると、肝臓に糖分を蓄えようとしてもそれができなくなり、体内に糖分が足りない状態になります。

 

そのため、飲酒後アルコール分解で下がった血糖値をあげようとします。

飲んでいる時にオススメな食べ物はナッツ

ラーメンの代わりにナッツを食べると、血糖値の上昇が緩やかになり、ラーメンが食べたいという欲求が抑えられます。

ナッツの詳細は【初耳学】ダイエット効果も期待できる美おやつ!ナッツの効果とはで書いてます。

ラーメンが食べたくなるのは塩分を補充するため

アルコールを飲むとその利尿作用で、体内の塩分(ナトリウム)が多く排出されます。

そうすると、人の体は脱水症状にみまわれてしまいます。

そこで体が塩分を欲してラーメンを食べたくなるのです。

塩分を補充するためにオススメな食べ物はぬかづけ

塩分を摂取するのに最適なのはぬか漬けです。

ナトリウムが多く含まれ、発酵食品でもあるぬか漬けは、代

謝も上がり塩分補充の欲した食材なのです。

ラーメンを食べたくなるのはイノシン酸を欲するため

イノシン酸は旨味成分ですよね。

ラーメンのスープに使われ煮干しやかつお節やチャーシューの豚肉などに多く含まれています。

イノシン酸には体内で分泌される、アルコール分解酵素を働かせる役割があるので

ラーメンが食べたくなるのです。

イノシン酸を補充するのにオススメなのはおにぎりとシジミのみそ汁

梅おにぎりと、シジミのみそ汁 海苔やみそ汁にはイノシン酸が豊富に含まれます。

そしてカロリーはらーめんの半分以下なので、おすすめです。

スポンサードリンク

漬物やナッツは飲みながらおつまみとして食べて、物足りなかったらおにぎりでしめるとカロリーも少なくすみそうです。

どうしてもラーメンが食べたいときは

とはいえ、「飲んだあとはラーメンなんだよ!決まってるだろ!!」という人もいるでしょう。

そんな時におすすめなラーメンのトッピングをお伝えしましょう。

おすすめなラーメンは『みそネギチャーシュー麺』です。

味噌にふくまれるビタミンB1・マグネシウムが糖質を燃焼させビタミンB2は脂質の燃焼に効果的です。

そして、ネギに含まれるアリシンはビタミンB1の働きを助け糖質を燃焼させる働きがあり、

チャーシューに含まれるカルニチンには脂質の燃焼・体脂肪の蓄積を抑制する働きがあるのです。

まとめ

飲んだあとのラーメンは体が欲するのは仕方が無いことはわかったと思います。

しかし、飲んだあとに食べるラーメンは量的には摂り過ぎですよね。

おつまみにナッツとぬか漬けを食べながら、締めにおにぎりとみそ汁がベスト!

お金も浮くし、太らないのでおすすめですね。

スポンサードリンク