最近ではカーナビを買うよりもスマホアプリで済ましてします人、結構多いですよね。

わざわざ後付で買わなくても、スマホ自体が高性能ですし、GPSを搭載していれば、若干の誤差があっても十分に役立ちます。

そんなスマホアプリの中でも、渋滞回避能力が高いナビタイムのアプリのメリットを調べてみました。

ae78acc7a5e1ffecae4e78ae4e1bdf95_s

スマホでカーナビとカーナビの差

スマホカーナビと一般的なカーナビ。その差がなければスマホカーナビを使うほうがお得ですが、スマホカーナビとカーナビにどのような差があるのでしょうか?

自車位置の精度

スマホと車に搭載するカーナビでの差は、自車位置の精度が1番大きいでしょう。

スマホにも、GPSだけでなく、ジャイロセンサーなどが搭載されているので、自車位置の情報はある程度の精度で表示されますが、GPS・ジャイロセンサーはもちろんのこと車のコンピュータと接続し、速度情報などから自車位置を測定することができます。

車に搭載されるカーナビの方が、正確な位置を知ることができるため、交差点での右左折時などのズレが少なく、間違った道にすすむ確率が低い事になります。

自車位置の精度を求める人は車載型のカーナビがいいでしょう。

通信環境に左右される

後に紹介するカーナビタイムプレミアムコースは除きますが、一般的なスマホカーナビは通信しながらマップの情報をとるため、通信圏外になるとマップの情報が更新されないことになります。

その代わりに最新のデータの地図やスポットの情報が使用できるというメリットがあります。

スマホカーナビがおすすめな人はどんな人

がっつり遠出して、同じ道はあまり通らない人、ちょっとでも正確な情報が欲しい人、スマホの通信費を抑えたい人は、据え置き型もしくはポータブルカーナビなどを買うほうがいいです。

しかし、地図が見れて、多少のずれがあっても、気軽にナビを使いたいという人はスマホカーナビでも十分です。

地図も最新、スポットも最新、スマホ単体で通信ができるというのもメリットです。

 

ではでは、カーナビアプリの代表格、ナビタイムを見ていきましょう

スマホアプリのナビタイム

最近のスマホは画面のサイズも大きくなり、従来型のカーナビではなくても十分にその性能を発揮することが出来るようになってきていると思います。

そのアプリの中で『ナビタイム』はスマホのカーナビの中では有名ですよね。

ナビタイムはカーナビ機能が優れているのもそうですが、目玉は渋滞情報です。

このナビタイムに『超渋滞回避ルート』というのもを選択することができるのです。

超渋滞回避ルートとは

この超渋滞回避ルートはナビタイムが蓄積した渋滞データを使用して通常のカーナビよりも短時間で目的地につけるというものです。

8月10日放送のワールドビジネスサテライトで一般的なカーナビ(メーカーは明かされてなかったです)とナビタイムの超渋滞回避ルートの差を検証していました。

埼玉・所沢をスタートし豊洲までの経路でその差を検証。出発時間は16時頃でした。

超渋滞回避ルートは高速道路を避け一般道を積極的に使い、豊洲ヘはナビタイムの超渋滞回避ルートを使った方が24分早く目的地に到着していました

スマホカーナビナビタイムはなかなか優秀なんですね~。

ただこの超渋滞回避ルートを使用するには、カーナビタイムプレミアムコース(月額500円~)もしくはドライブサポーター(月額300円~)に加入する必要があります。

カーナビタイムプレミアムコースとは

カーナビタイムプレミアムコースは月額500円を払いスマホをカーナビのように使うアプリです。

カーナビタイムは地図を端末に保存するので、通信圏外でも使うことができます。

もちろん、通信圏内では地図は最新のものに更新され、渋滞情報だけではなく、駐車場の空き状態やガソリンの価格情報、他にも、ボイスコントロール機能もついていますし、車幅や車高に合わせたナビゲーションも可能です。

ほぼカーナビですね!

ドライブサポーターとは

ドライブサポーターは月額300円~使用することができます。

ドライブサポーターはカーナビタイムプレミアムコースと異なり、アプリを起動する度に地図を取得します。

なので、通信環境が整った場所で使う場合にはドライブサポーターで十分になります。

渋滞情報や駐車場の空き情報、ガソリンの価格情報は調べることができます。

ナビタイムで入るとポイントのサービスがある

月額300円もしくは500円はかかるのですが、ナビタイムが示した渋滞回避ルート通りに走ると、その距離に応じてポイントが貯まるのです。

その他まったポイントはその他のポイントと交換することが出来るのです。

ポイントの交換先はG-pointと提携しており、JAL・ANA・WAON・NANACO・T-POINTなどに交換することができるので、普段使っているポイントに連動させるとかなりお得ですね。

まとめ

従来の高性能カーナビを使用して、渋滞回避ルートを指定しても、全く意味のないルートを通って遠まわりすることもあるので、月300円~なら一度試してみる価値はありですね。

いらなければ退会すればいいだけですから。

いまなら2ヶ月間無料で試すこともできるので、お試し期間に使い倒して、必要がありそうなら使えばいいんですよ!

渋滞回避機能は使ってみないとわからないですから!

おすすめ記事