ちょうどいい!でお馴染みのフリードがフルモデルチェンジされて、新型フリードとして9月16日に登場しますね!

現行型のフリードでもそうですが、大きな車に乗り慣れてない人が、ミニバンに乗るときには運転しやすくて、本当にちょうどいいサイズ。

街中の車庫入れでも、それほど困らないですし、狭い道でもFITと変わらない車幅に、少し長いだけの全長なので、この道は通りたくないな…っていう場面は減ります。

頻繁に大人数で遠出をするっていうのであれば、フリードでは狭い…ってことになるかもしれませんが、たまに、6人~7人の人数を乗せて、ちょっとそこまで出かける程度なら十分な広さです。

あえて、ステップワゴンを選ばずに、フリードを選んだほうがちょうどいいってことは絶対ありますよ!

大人数と荷物を乗せて、遠出をする機会年に何回ありますかっていう話です。

フリードの全長がアップ

しかも、今回のフリードは、現行型が全長4215cmだったものが4265cmに若干伸ばされて、2列目にキャプテンシートを採用したFF車は、1〜3列目のシート間の距離を9cm拡大し、2列目シートスライド量も12cm広がっています。

実際に座って見ないとこの差はわかりませんが、現行のフリードでも、「うわ~狭い…」ということはないですが、このわずかに広がった足元は広さを感じさせてくれます。

これは実際に試乗したほうがいいところです。

待望のフリードHYBRID

これまでのフリードに採用されていたのは、1500ccのエンジンにIMAシステムを採用したHYBRIDでした。

積極的にモーターを使って走る!というよりかは、あくまでもエンジン主役でエンジンの補助をするのがモーターっていう考え方ですね。

システムが軽く、コンパクトに安く作れるとうメリットがあるのですが、トヨタのHYBRIDやFIT3HYBRIDなどと燃費を比べると分かるように、燃費性能では不利なんですよね。

今回採用されるHYBRIDシステムはFIT3と同じHYBRIDになるので、モーターもしっかりと使って走るということになります。その分、燃費を抑えることができるというメリットがあります。

FITの燃費を見てみると、FIT2ハイブリッドの時が26.4㎞/lだった燃費がFIT3ハイブリッドでSport Hybrid i-DCDを採用すると36.4㎞/lになっています。

10㎞/lも燃費が伸びているんです。新型フリードの燃費もかなり期待できるはずです。

残念…フロントマスクがダサくない?

今回の新型フリード、いい感じのモデルチェンジになりそうだとはおもっていたんですが、残念なのがフロントマスク…。

この映像をみると、なんか思い出しませんか?

これです、これ!ステップワゴンです。

ステップワゴン

ワタシはステップワゴンはミニバンの中でも1番好きな車ですが、現行型のステップワゴンのフロントマスクは超ダサくなりましたよね。流石に買う気がしない…。(この顔が好きな人、スイマセン)

フロントマスクの影響だけではないと思いますが、現行型のステップワゴンは今までよりも売れ行きが悪いといいます。

使い勝手はよくなったかもしれませんが、なんしか顔が気に入らない…。1つ前のステップワゴンのフロントマスクはとてもカッコ良かったので、残念。

新型フリードは大きさが違うので、見え方は違うと思いますが、同じようなフロントマスクだと、せっかくの素晴らしいフリードが大丈夫なのだろうかと思ってしまいます。

うーんステップワゴンほどではないのかな…。

 

とはいえ、9月16日にはミニバンに新たな選択肢が増えることは嬉しいことです、ワタシはミニバンに乗り換えることを検討しているので、フリードもその候補に入れてみようと思います。