軽自動車は維持費も安く、車内もかなり広いです。3人家族ぐらいなら、軽自動車で十分ですよね。

ワタシは今はコンパクトカーに乗っていますが、以前はスバルのレックス(550cc)、スズキkeiに乗っていたので、軽自動車のパワーにつていはよくよくわかっています。

レックスはスーパーチャージャーで、keiはK6Aというターボエンジンだったので、ほぼターボに乗っていたのですが、車検時の代車で、N-WGNやワゴンRスティングレーのNAにも乗ったことがあります。

その、経験や、実際の加速比較などをみて、NA(自然吸気)がターボかおすすめを紹介します。

軽自動車ターボとNAの加速の違い

ターボとNAで100㎞までにかかる加速時間を比べてみます。

N-WGN

NA

ターボ

ワゴンR

NA

ターボ

タント

NA

ターボ

100㎞/hまでの加速時間まとめ

車種 ターボ NA  ターボ-NA
N-WGN  11.5 16.9 -5.40 
ワゴンR  11.8  19.6   -7.80
タント  13  20.15  -7.15

軽自動車ターボとNAを比べると圧倒的にターボ車が速くなります。ターボ車の加速はコンパクトカーと比べても遜色のない加速をします。

そんなに加速っている?って思う人もいるかもしれませんが、高速道路、合流、山道などでは、ターボのパワーがあった方が圧倒的に楽です。

街乗りしかしない!近所でしか乗らないっていう人はNAで十分だと思いますが、遠出に使うことがあるのならターボをおすすめします。

ターボは燃費が悪い?実燃費は

ターボエンジンというのは簡単に言うと、タービンと呼ばれる空気を圧縮するための風車に排気ガスを当てて回します。風車が回ることで、空気が圧縮され、より多くの燃料を燃やすことができるので、NAに比べるとターボはパワーを発揮することができます。

なので、NAよりも燃費は悪くなりがち…。じゃあ、実際にどうなのか比較してみましょう

データはe燃費の実燃費データを参考にしています。

車種 ターボ NA ターボ-NA
N-ONE 17.08㎞/ℓ 19.65㎞/ℓ -2.57㎞/ℓ
N-WGN 17.98㎞/ℓ 18.79㎞/ℓ  -0.81㎞/ℓ 
N-BOX 16.20㎞/ℓ 19.03㎞/ℓ -2.83㎞/ℓ 
ワゴンR 18.76㎞/ℓ 20.19㎞/ℓ -1.43㎞/ℓ
ハスラー 19.64㎞/ℓ 19.51㎞/ℓ 0.13㎞/ℓ
スペーシア 17.35㎞/ℓ 19.72㎞/ℓ  -2.37㎞/ℓ 
ムーブ 19.03㎞/ℓ 18.80㎞/ℓ 0.23㎞/ℓ
タント 16.63㎞/ℓ 17.35㎞/ℓ  -0.72㎞/ℓ
ウェイク 14.76㎞/ℓ 17.08㎞/ℓ  -2.32㎞/ℓ

燃費はグレードによってもズレがありますが、FFでターボとNAの比較をしています。

ターボかなり悪いのかなって思いましたけど、比べてみると、そうでもないですね。中には、ターボ方が燃費もいいデータもあるので驚きです。

NAでゆっくりと走ると走ると燃費がいいでしょうが、周囲のペースが若干早くなるとアクセルを強く踏み気味になるのも原因かもしれませんね。

ターボ車はパワーがある分、一定の速度まで加速してしまえば、それほどパワーを使わなくても走ることができるので、今の軽自動車のターボエンジンなら、うまくのれば、それほど燃費は悪くないです。

ワタシが乗っていた初代スズキkeiターボエンジンの燃費なんて12㎞~13㎞/hぐらいでしたよ。それを思うと凄まじく燃費は向上してます。

2㎞/ℓの差だと、年間に1万キロ走るとすると、ガソリンが1ℓ120円でだいたい6,720円ぐらいです。

ひとによって考え方は違うので一概にはいえませんが、それほどたかくないですよね。

軽自動車はターボがおすすめ

結論はターボ車がおすすめです。

車に乗るときは、パワーがあるに越したことはないです。ターボでめちゃくちゃ燃費が悪いのなら、NAなんですが、そんなに悪くないですよね。そして、加速はコンパクトカーなみの加速になります。

高速道路では、ベタ踏みしても、最初の合流がつらいですし、すこし速いペースに乗るために加速をするのに時間がかかるので、超だるいです。

ワタシがN-WGNを借りた時にちょっと高速道路に乗った時、あまりにも遅いので、車の中で、必死にペダルを漕いじゃいましたよ(笑)

軽自動車は2台目でお買い物カー、遠出は絶対しないんだ~なら、NAで十分ですが、我が家の1台目!メインの車にするよ!って人は是非ターボを選んでください。

合流・上り坂、ちょっとしたところで、ストレスがマシになるのは間違いないです。