1. TOP
  2. 高齢ドライバーの踏み間違え事故。予防安全装備を義務化すべき?

高齢ドライバーの踏み間違え事故。予防安全装備を義務化すべき?

車の話題
この記事は約 5 分で読めます。 230 Views

高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違い事故のニュースが明らかに増えています。高齢化がどんどん進んでいて、これからさらに、このような事故が増える危険性が高いです。

勝手に自爆事故を起こしてしまう分には、仕方がないことですが、ニュースになるのは、店につっこんだり、歩行者に突っ込んだりするニュースを多くみかけます。

失礼な言い方ですが、高齢者の事故で、高齢者を支え、日本を支える若い人たちを減らしてしまうような事態になってしまうようなことはやめてもらいたい。

とはいえ、山間部や郊外に住んでいる人は、車に乗るのをやめてくてもやめれないって言う人が多いのも事実ですよね。

高齢者の踏み間違い事故についてちょっと考えてみました。

高齢者こそオートマチック車よりもマニュアル車に乗った方がいいんじゃないの?

今の高齢者が若い時に免許をとっていたら、そもそもマニュアル車で免許をとっている人が多いですよね。

普通自動車のAT免許がはじまったのは1991年11月1日です。なので、歳をとってから免許をとったひとでなければ、マニュアル車で免許をとっている人がおおいはずだし、若い頃はマニュアル車に乗っていた人も多いはずです。

マニュアル車の方が踏み間違い事故の操作ミスの可能性は減るんじゃないでしょうか?

マニュアル車の方が操作ミスが出にくい理由は?

マニュアル車はそもそも3ペダル。左足がクラッチで、右足がアクセルとブレーキを操作することになります。しかも、オートマチック車のように、Dレンジの上にRレンジがあるわけではありません。

前進するときには、1速。後退するときにはRで離れた位置にありますし、さぁ前進しよう(後退しよう)と思ったときに、シフトレバーの位置がおかしいのは触れば感覚的にすぐにわかります。

シフトレバーの位置はATに比べても前進か後退かはかなりわかりやすいです。

そして、マニュアル車は前進するにしても、後退するにしても、発進時にクラッチをゆっくりと繋いで行くので、意識的に急発進させようと思わない限りアクセルをグッと踏み込むことは考えにくいです。

もし、踏み間違えていたとしても、クラッチを踏んでしまえば、動力が切れた状態になるので、アクセルが空ぶかしされるだけで、急発進して、建物に突っ込んだり、人に突っ込んだりする可能性は減るように思います。

 

若い時にマニュアル車を運転していた経験も多いだろうし、高齢者こそオートマチック車で楽した運転をせずに、マニュアル車を運転した方が、安全に感じます。もちろんマニュアルだから安全とはいえないですけどね。

ニュースで高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違いが多いのは自動車メーカーの戦略?

高齢者によるペダル踏み間違いによる事故は年々増えているのは事実のようですが、ニュースに露出する機会が圧倒的に増えていますよね。

每日の様に、踏み間違いの事故をニュースで見るっていっても過言ではないです。それと共に、自動車メーカーのCMは安全予防性能押しのものが増えましたよね。

誤発進防止装置に、追突防止を予防したり、事故の軽減をさせるための自動ブレーキ装置。これらの装置が搭載されているっていうウリ文句を必ず見ます。

歳をとった人に対して、高齢者の踏み間違い事故のニュースを流して、危機感を煽って、それに対して、自動車メーカーは予防安全性能が高まっているCMを流す。

歳をとってからも運転したい!って思う人は、安全な車に乗り換えようかな…って思う人も多くなるでしょうね。

誤発進防止装置などの安全装置は義務化したらいいのに。高齢者の運転に対しては

安全装置を装備することで本当に、高齢者の事故を減らせるんであれば、装着義務化しちゃえばいいですよね。

事故は減って巻き込まれる人は減るし、高齢者も余計な事故をおこしてしまって、人生の最後に辛い思いをしなくていいし。自動車メーカーは車も売れるし、いいことは多いですよね。

ただ、お金を持っている高齢者はいいですけど、お金を持っていない高齢者にとっては大変になっちゃいますけど…。特に、車がどうしても必要でお金を持っていない高齢者に対してはどういう対策を取るのかは考えないといけないかもしれませんね。

高齢ドライバーの数はどんどん増えていくので、このままだったら、このような事故は増えていくってことが、考えられるってことですよね。

高齢になると、判断力は低下するし、瞬発力は低下するし、空間に注意をむける能力は低下するし、こればっかりは仕方のないこと。衰える部分は車にカバーしてもらったらいいです。

 

これをみんなが自覚できたらいいですが、「俺はまだまだ若い!」とか「私はまだ大丈夫!」って思ってる人も多いでしょ。

新しい車を積極的に売る手段だとしても、高齢ドライバーの事故の確率が減るのなら、安全装備の義務化実施してもいいのかもしれません。

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

普段は治療家としてお仕事中のセミシングルファーザー!日々感じる話題を色々と紹介しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ミドル脂臭対策!中年の嫌な臭いとはもうおさらば。女性も必見!

  • 長生きしたけりゃ肉を食べる!やっぱり肉食って大事なんやん

  • U-NEXTの見放題は少ない?ユーネクストを2年間使って思うこと

  • テーブルタップボックスをアマゾンで安く購入!使い勝手はどう?

関連記事

  • 新型フリード、グレードごとの装備の差、発売前まとめ。1番の買いは?

  • FIT3のビッグマイナーチェンジ。見た目と中身どこが変わった?

  • 渋滞時・ドライブに便利。アマゾン・カー用品店で売れている物は

  • 子供のエアバックの事故で母親有罪に…。車のどこに子供を乗せるべきか

  • ハイブリッドとターボどっちのミニバンが経済的?

  • 新型フリードとシエンタのハイブリットどっちが買い?比較する