AndroidからiPhone7へ乗り換えると、しなくてはいけないことがたくさん…。もちろんAndroid同士の機種変でもそうなんですが、AndroidからAndroidへスマホを持ち帰るときは、それほど苦労しません。

機種が変わっても、中身が大幅に変わることもないですし、microSDを使ってデータの移し替えができるので、楽勝です。

AndroidからiPhone7へデータ移行をするのもそれほど面倒ではないんですが、LINEがちょっとややこしかったです。

LINEは手持ち端末のどれか1つしか使えない

格安SIMでスマホを持っていると、LINEなどの無料でメッセージがやり取りできる、通話ができるなので、かなり重宝します。

こんなサービスがなかったら、格安SIMを使う気にもなりません。

なので、LINEは格安SIMには必須アプリだと思っているんですが、例えばスマホを2台持ちしていたとしても、同じIDで複数の端末で使うことはできません。

なので、AndroidからiPhone7へ乗り換えると、LINEのデータは全部iPhone7へ移し変える必要があります。IDを移し替えると、前に使っていた端末のデータが消えてしまうので、トークデータで必要なものは、バックアップをとっておく必要があります。

LINE IDをAndroidからiPhoneに移動させる方法

LINEのIDを移動させるのは簡単です。Android本体の設定画面を開きます。(画面はiPhoneのものですが、Androidも同じです。

img_1602

設定の中から、アカウント引き継ぎ設定を選択します。

img_1603

この画面になったらアカウント引き継ぐをonにします。

img_1604

後は、新しい端末にLINEのアプリをインストールして、今使っているLINEを登録したときのメールアドレスと、パスワードを入力すれば完成です。

新しい端末から、確認ボタンを押すと、前の端末に保存されていた、端末のトークのデータは消去されるので、必要なものはバックアップをとるようにしておきます。

トークの内容をAndroidからiPhone7へ移すのは無理…。

ややこしいのは、AndroidからiPhoneへトークの内容を移したいときです。iPhone同士だと、トークのデータはiCloudにバックアップができるようになっているので、なにも苦労しないんですが、AndroidからiPhoneへ移すときが面倒…。

基本的に、AndroidからiPhone7へトークのデータを移すことは無理です…。

Androidにもトークごとにバックアップすることはできるんですが、iPhoneで展開することができないんです。

Androidでのバックアップは、トークを開いて、トークの設定を押すと、

line1

トークの履歴をバックアップする、という内容の設定はでてくるんですが、これは、AndroidかAndroidへだと問題なくトークのデータを移すことができるんですが、iPhoneとはファイルが違うので、データを移すことができません。

line2

どうしてもトークの内容を残して起きたい時は

どうしてもトークの内容を残しておきたい場合は、上の画面のトークの履歴をバックアップを押して、

line3

テキストでバックアップを選びます。テキストでバックアップにすると、写真やスタンプのやり取りは残りませんが、トークの内容だけ、文字のデータとして残ります。

line4

バックアップを取るテキストのデータをどこに保存するか決めます。どこに保存しても大丈夫ですが、ワタシはPCがWindow10で、OneDriveにデータを移すとすぐに見ることができるので、OneDriveにデータを保存しました。

テキストデータ(.txt)として保存されるので、PCからメモ帳やWordPadなど使って簡単に見ることができます。スマホからでももちろん見ることはできますよ。

文字のデータでトークの日付・時間などバッチリ残すことができます。スタンプのところは[スタンプ]って表示されます。

 

LINEのスタンプとかの、データはあとからダウンロードしたらいいので、問題ないんですが、トークだけはAndroidからiPhone7へ移すことはできませんでした。

それほど重要なトークの内容がなければ、保存する必要はないのですが、どうしても保存しておきたいトークがある場合、AndroidからiPhone7へ機種変更する場合は、テキストデータとして保存しておくようにしましょう。