1. TOP
  2. 向井理は裸足生活で感受性を豊かに!しかし寄生虫の危険性が…

向井理は裸足生活で感受性を豊かに!しかし寄生虫の危険性が…

おもしろい話題
この記事は約 3 分で読めます。 1,040 Views

10月20日放送の中居正広のミになる図書館にゲストで向井理さんが出演されていました。

向井理さんのこだわりは裸足生活でした。向井さんの持論によると裸足で生活することのメリットは、「足の裏のツボが多いので、同じ素材で足の裏を覆っているのはよくない。常に刺激があったほうが感受性豊かになる」という考えを話されていました。

さらにはスーパープレイヤーのイチロー選手が裸足で育ったを例に出して、いろんなことを足の裏で感じたほうがいい。と裸足生活のメリットを語っていました。

キャンプなどのアウトドアにでかけた時は裸足でウロウロするそうです。

スポンサードリンク

裸足に感受性が豊かになる効果はある?

脳神経内科医の内野勝行先生によると、「感受性が豊かになると思って極力裸足で生活しているようですが、向井さんには特に効果はありません」

と裸足生活の意味のなさを伝えていました。

内野先生はによると、大人には裸足で過ごすことにあまり効果がないと話されていました。その理由は、感覚を始めとして神経系は小学生くらいで成長が止まると言われているからです。

だから、感受性を必死に発達させようと足の裏を刺激をしても感受性が豊かになることはないのです。

そして、今後の裸足生活で注意しておきたいことについても別の先生が話されていました。

スポンサードリンク

裸足で歩いていると寄生虫にやられるかもしれない

裸足で歩いていると寄生虫が体内に侵入するかもしれないとはなしていたのは東京医科歯科大学の太田伸生先生です。

特にキャンプの時など外で裸足で歩く人が注意しないと行けないのは、足の皮膚を食い破り体内に入ってくる寄生虫がいるということなのです。

裸足で寄生虫の幼虫がいるような環境のところを歩くと、皮膚をかき分けてはいっていくる寄生虫がいます。その代表的な物が鉤虫。

鉤虫が足の裏から体内に入るとと皮膚がかゆくなる症状があるのですが、鉤虫がやがて小腸のほうに定着して成虫となっていろいろと悪さをします。

鉤虫は成虫になると頭部に牙をもっていて、小腸の粘膜に咬みつきます。その結果、痒みを伴う発疹や呼吸や胃腸などの障害を引き起こします。

そして鉤虫は血を吸うので、最終的には鉄欠乏性貧血などを引き起こします。

この虫は昭和30年ぐらいまでは日本でも大変多かったのですが、最近は日本国内では少なくなってきましたが、それでも数例はみられます。

しかし、海外では億単位で患者がいるため、外国に行く際は危険性が高いです。

アウトドアで裸足で活動するのはそのようなリスクを考えるべきなのです。

 

裸足の方がいいと、あえて裸足で歩いている人がいるかもしれませんが、成人していると科学的にはあまり意味がないということと、歩く場所によっては寄生虫が体内に侵入する危険性があるということを知って置かなければならないです。

素足で歩くことが好きな人は注意しておいてくださいね。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • グランツーリスモSPORTのVRとハンコンを使ってプレイできない。VRはきつかった

  • デブ菌を減らして痩せ菌を増やすと痩せる?もち麦とおすすめのサプリ!

  • スマホの使いすぎで手・手首が痛い原因に。持ち方の工夫で解消できる

  • 運動が続けられるコツは必死に筋トレをしないこと!脳をだませば続けられる

合わせて読みたい記事

  • アメリカの携帯電話が使えない町グリーンバンクその理由は

  • ゲッターズ飯田がやりすぎ都市伝説で教える人と物の運命の星

  • 【それダメ】超簡単!シャボン玉を割れにくくするライフハック

  • メンタリストの眉村神也が流行りのマインドコントロールを解説

  • 【やりすぎ都市伝説】島田秀平が語る五郎丸ポーズの秘密

  • 錯覚動画を見るとわかるあなたの脳は右脳派もしくは左脳派?