1. TOP
  2. ライフハック
  3. 洗濯物をたたむのが面倒!時間がもったいない!時短のためにしたこと

洗濯物をたたむのが面倒!時間がもったいない!時短のためにしたこと

 2018/08/28 ライフハック
この記事は約 5 分で読めます。 46 Views

僕はセミシングルファザーなので、毎日家事に子育てをこなしています。

家事をやってると働く主婦は本当にすごいなって思うんですが、僕が家事の中で一番嫌いなのが洗濯。

洗濯は洗濯機を使うと簡単にやってくれますが、干すのとたたむのが極めてめんどくさい。

どうしても洗濯物をたたむのが面倒だったので、ハンガー大作戦でたたむ時間を短縮しました。

10分以上無駄な時間を解放することができたのでその方法など紹介していきます。

洗濯物をたたまなく結果ひどいことになった…。でも洗濯物をたたむって無駄やない?

家事の中でも本当に面倒な洗濯。洗濯は洗濯機がやってくれますけど、洗濯物を干すこととたたむのは手動ですよね。

洗濯物を丁寧にたたんでも、着るときは洋服を広げて着るわけだし、めっちゃ無駄な作業って思いません?

洗濯物をたたまないと部屋は片付かないから仕方なくたたんでるんですけどね…。

でも、ある時洗濯物をたたむのが馬鹿らしくなって、干したあとは洗濯物が乾いたらその辺にポイして、洋服を着るときは洗濯物の山のなかから洋服を取り出す大作戦をしていました。

洗濯物をたたまないでその辺にポイした結果

洗濯物をその辺にポイしていた結果、部屋に洗濯物が散らかるのは想像がつくと思いますが、それ以外にも

  • 掃除機がちゃんとかけられないから洗濯物がホコリまみれになる
  • どこになんの服があるのかまったくわからない
  • 靴下とか下着を見つけるのが大変

っていう結果になりました。

洗濯してもほこりまみれになったら意味がないし、洋服を見つけるのに時間がかかっていたら、洗濯の時間を短縮する意味がないんですよね…。

汚い部屋に汚い洋服に無駄な時間がかかる…。なんて無駄なことをしていたんだ…。

そう気がついた僕は『ハンガー大作戦』を思いついて決行することにしました。

洋服はタンス・収納ケースには直さない。クローゼットにハンガーがけをするハンガー大作戦

これまでの僕は、洗濯物を収納ケースの中にたたんでしまうという発想しかなったので、時間がかかっていたんです。

でも考えてみたら、洗濯物をハンガーで干して、たたまずにハンガーにかけてままクローゼットにしまえば、超絶時間短縮になるやん!ってことに気がついて、ハンガー大作戦を決行です。

ハンガー大作戦を成功させるためには大量のハンガーがいるので、ハンガーはAmazonで購入しました。

ハンガーはとにかく安いものを大量に購入。全部で買った本数は?

洗濯物を全部ハンガーにかけようと思ったら大量のハンガーが必要です。

洋服を干すハンガーに洗濯物を干すハンガーがいるので、とにかく安いものを大量買いしました。

Amazonで購入したハンガーはコレとコレでした。

 

最初に買ったときは数がどれくらいいるかよくわからなかったので50本セットを購入して、それでも足りなかったのでその後100本購入しました。

※写真の上が50本。下が100本。

100本セットのほうが1本あたりの値段は安かったんですが、ハンガーはちゃちかったですね。

50本セットのほうが、ハンガーがしっかりとしていて長く使えそうって感じ。

50本セットの方はステンレスのハンガーって感じで、100本のハンガーが針金のハンガーっていう印象。安い方でも問題なく使えてるので、どっちでもいいと思いますが、50本のやつのほうが寿命は長そうです。

妻の洋服なども家にあるので、3人家族でハンガーは150本で20本ぐらい余るって感じでした。

ハンガーを大量買いしたら、あとはクローゼットにかけていくだけ

ハンガーの数が十分になったら、あとは洗濯物を干したあと、洗濯物が乾いたらそのままクローゼットに引っ掛けていくだけ。

まぁ楽ちんです。たたむ時間は短縮できるし、部屋はきれいになるし、いいことばっかりです!

洗濯物をたたまずにハンガーにかけるだけにしたメリットはたくさん!

洗濯物をたたまずにハンガーにかけるだけにしたことでメリットはたくさんありました。

  • 洗濯物をたたむ時間が短縮
  • 収納ボックスにしまう時間も短縮
  • ハンガーにかけているので、着たい服が探しやすい
  • クローゼットにしまえば部屋がスッキリ
  • 収納ボックスの数が減らせる。

ハンガー大作戦を決行して、本当に洗濯が楽になりました。

たたんで収納ボックスにしまっても、しまい方が悪いと、服は探しにくいし、収納ボックスの中はぐちゃぐちゃになるから最悪だったんですけど、その問題も解決されました。

洗濯物をハンガーにかけて時短することの欠点

洗濯物をハンガーにかけるようにして時短を図りましたが、もちろん欠点もあります。

  • 下着や靴下などハンガーに掛けられないものはたたまないといけない
  • ハンガーを大量に買うので、最初に少しお金がかかる
  • 洋服が多いと、クローゼット収納がたくさんいる

っていうことですね。

収納ボックスの数は減らしましたが、夏服と冬服に分けておいて、季節に合わせて使わない衣類は収納ボックスにしまうことで、クローゼットを有効に使える様に工夫しています。

 

洗濯物をたたまずにハンガーにかけるのにも欠点はありますが、洗濯にかかる時間を減らせることと、服を探す面倒さから開放されるので、大満足の結果でした!

1回の洗濯で10分以上時間が短縮できたのでハンガー大作戦はおすすめですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

Look for the topicの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Look for the topicの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 普通の仕事からリハビリ職に転職は辞めておいた方がいい?

  • 都会住みでもスタッドレスタイヤは買うべき。雪が降ったら乗るな

  • アロマオイル(精油)を飲用するなんてやめたほうがいい

  • 大阪で昼間にホテルを利用(デイユース)利用できる時間ごとにまとめました

合わせて読みたい記事

  • 雨の日に革靴を履いても滑らなくなる超簡単な方法!

  • ご近所トラブルの7つの対処法。避けたほうがいい話題とは?

  • マネー賢者・家計の達人が教えるお金が貯まる習慣を身につける方法

  • ドラッグストアの薬剤師がヒルナンデスで教える目薬の正しい使い方

  • 東大合格が幸せ!?すべての人が幸せになれる林先生の方程式とは

  • 電子レンジでコーヒーや野菜をチンする方法。知らないとやばいよ…