1. TOP
  2. 体のこと
  3. ダイエット
  4. ダイエット中はいつもよりお腹が減る気がする…10秒間で空腹感が消える方法とは

ダイエット中はいつもよりお腹が減る気がする…10秒間で空腹感が消える方法とは

 2018/09/24 ダイエット
この記事は約 3 分で読めます。 57 Views

9月23日放送の林先生の初耳学の中で、紹介されていたのが10秒間で空腹感が消えて、体重を減らすことができる方法でした。

特に太る原因になるのが間食。

3食しっかりと食べていても、家でテレビをぼーっとみていたり、ゆっくりと過ごしていたら、ついつい間食をしてしまいます。

その間食を無くすことができれば、痩せることができるというわけです。

テレビ番組で紹介されていた、間食をやめることができた方の体重は1ヶ月で3.7kgも減らすことができていたんです。

まぁ、それだけ間食をしていたということなのかもしれませんが、間食がやめられなくて太っている方なら痩せる可能性のある方法を紹介します。

空腹感をなくす方法は簡単!その場で10秒間ダッシュするだけ!

空腹感をなくすのは超簡単で、その場で約20回、10秒間ダッシュをするだけで空腹感が消えます。

番組では芸人のガンバレルーヤがチャレンジしていましたが、空腹感がなくなったということをレポートしていましたね。

その場で10秒ダッシュをするとなぜ空腹感が減るのか、それにもちゃんと理由があります。

空腹を感じている状態というというのは、体の栄養状態が下がっているということ。

特に脳の糖分が足りないと判断したときに、脳からお腹がすいた何か食べろ!と司令をだします。

だから何かが食べたくなるんですが、空腹を感じている状態の時に、10秒間ダッシュをすると血液中の糖分が筋肉活動のために減少します。

血液中の糖分が減少すると、緊急時のために筋肉に貯蔵していた糖分を血液に排出。

これにより、脳のセンサーが糖分が上がってきたと判断して空腹感がなくなるんです。

お腹がすいたから何か食べようって間食をする人なら効果があるかも

お腹がすいたから間食をついついしてしまうのなら、10秒間ダッシュは試す価値ありですね!

お腹が減っていなくても、ついつい間食する人は意味がありません…。

ただ、普段のご飯を食べないようにしてダイエットする!ためにダッシュを繰り返して空腹感を無くすっていうのは、あまり意味を感じないのでやめておいてくださいね。

本当に筋肉に貯蔵している糖質を使うのであれば、筋肉量が減ってしまう可能性が高いので、痩せるどころか太りやすい体になってしまいます。

あくまでもお腹が減って間食をしてしまうっていう人には試してみる価値が高い方法です。

\ SNSでシェアしよう! /

Look for the topicの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Look for the topicの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!作業療法士は10年以上の経験があります。最近はメディカルで使うアロマの資格をとりアロマのある生活を送っています。自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 筋肉痛が遅れてくるのは年のせいじゃない!

  • 朝起きることができないのは低血圧のせいじゃない!

  • 最後は自宅で迎えたい!なんとめでたいご臨終から学ぶこと

  • ユニクロのヒートテックの重ね着でさらに暖かくする方法

合わせて読みたい記事

  • 【初耳学】1975年の和食が最強のダイエット食な理由とは

  • ローカーボダイエットで10日間で-3kg!その方法とは?

  • アボカド種茶でダイエットレシピはコレ!便秘解消にも!

  • 食事制限ダイエットはダメ!ちょい足し食材で食べながら痩せる!

  • 大人のカロリミットで痩せた。実際に試した結果と飲み方

  • ディズニー好き必見!ミッキーと一緒にマウササイズでダイエット