1. TOP
  2. 身体の話題
  3. 脳の血流アップで認知症を予防する脳血流量を上げて認知症を防ぐ

脳の血流アップで認知症を予防する脳血流量を上げて認知症を防ぐ

 2015/07/27 身体の話題
この記事は約 5 分で読めます。 722 Views

絶対になりたくない認知症ですが、認知症の患者は2035年には445万人になると言われています。

認知症になると周りの人にも迷惑をかけることにもなるし、色々なことがわからなくなっていく自分と向き合っていくしんどさがあります。

少しでも認知症を予防するために!知っておいた方がいいことなどまとめました。

認知症には大きく分けて

  • アルツハイマー型認知症
  • 脳血管性認知症

に分かれます。

今回は脳血管性認知症を防ぐために脳血流量をアップして認知症を防ぐ方法を紹介します。

脳血管性認知症ってどんな症状がでる?

脳血管性認知症の症状の特徴にはこんなものがあります。

  • アルツハイマー型認知症ほど強い物忘れはない。
  • 運動障害がある。
  • 言葉が出にくい・歩行障害・飲み無ことが困難などの症状がみられます。

そして、脳血管性認知症は最近の事を忘れても、昔のことを覚えていることが多いです。

そして覚えている記憶の中では基本的には嬉しかったことなどを覚えている事が多いんです。

脳血管性認知症を発症するのはなぜ?脳梗塞が原因に

脳血管性の認知症は例えばこんな感じでなるんですね。

脂質異常症⇨動脈硬化⇨脳梗塞⇨脳血管性認知症のような形で進行していきます。

もちろんこれだけではありません。

脂質異常症・動脈硬化・高血圧・糖尿病など脳卒中の原因にもなる生活習慣病が脳血管性認知症になる危険性を持っているのです。

脳血管性認知症になる?こんな前兆には注意

細かい指先の動きができなくなる症状が見られると注意が必要。

例えば字を書くとか箸を使うとか字を書くとかです。突然このような症状が現れた場合は医師にすぐに相談する事が必要です。

そして、直近のできごとを覚えていないという時には注意が必要です。

普通の物忘れの場合はなんらかの指摘をされると思い出せるが、認知症の場合は指摘をされても思い出せないのです。

そのため、自分が悪いわけがないと思っていしまい。他責的になっていくのが特徴です。

ちなみにうつ病の物忘れの場合は忘れたことを覚えていて自分を責める傾向があります。

『自責的』か『他責的』かがうつ病と認知症の見分けるポイントになります。

 

そして脳血管性認知症はまだら症状と呼ばれ、あることはできるけどあることはできない。調子に日差があるという事が見られます。

そして、それは本人がその症状を認めたくないこともあり、周りの人間も症状に気づきにくいんです。

さらに、お酒を飲んだ後に症状が増幅されていることがあります。普段と同じ量しか飲んでいないのに昨晩のことを全く覚えていないなどがよく見られれば注意が必要です。

 

脳血管性認知症を予防する

頸動脈エコー検査を受ける

頸動脈のエコー検査とは頸動脈の動脈硬化と血液の流れを調べる検査です。

頸動脈の動脈硬化を見ることで脳の血管の状態を推測する事ができるのです。頸動脈の動脈硬化がすすんでいれば脳血管性認知症予備軍のVCIになっている可能性も考えれます。

さらに、アルツハイマー型についても血液の流れが悪くなっていないか見ることが必要なのです。

アルツハイマー型認知症でも脳血管性認知症予備軍のVCIなどが発症の引き金になったり、アルツハイマー型認知症を促進している可能性があるのだそうです。

頸動脈の動脈硬化は認知症全般の予防に繋がる可能性があるのです。

この頸動脈エコー検査は一般的には1年に1回、血管や血液に問題がある場合は半年に1回の頻度で検査を進めるのがおすすめです。

そして、体の負担も殆ど無く検査をうけることができます。

実際に動脈の状態が悪い事を実際に映像で見ることで食生活・運動習慣・生活習慣を変えるきっかけになるのではないかと医師は話します。

血流をアップさせる

脳の神経細胞は使ってない神経細胞が死んでしまうので、普段使っていない神経細胞を使っていくことが必要になるのです。

利き手以外の手で慣れたことをする。

普段良く使う手と逆の手を使うことで普段使っていない脳細胞が働き脳の血流がアップするのです。

例えば

  • ボールを左手で投げる
  • 家の鍵の開け閉めを左手でする
  • 料理を左手でする
  • ご飯を左手で食べる

など日常生活の中で普段使わない左手を使って生活するだけでも脳に負荷がかかり血流がアップします。もちろん日常生活全部を変えるとストレスになると思いますので、出来る範囲で少しだけ左手を使うようにするといいと思います。

他にも

  • 絵を書く
  • 塗り絵をする
  • 楽器を弾く

など芸術的な活動をすることでも脳の血流量がアップします。大人に塗り絵という本はたくさんでてますし、結構塗るのも楽しいですよ。

研究でも脳の血流がアップしたということが報告されていますよ。

脳血管性認知症は生活習慣を改善し普段しないことをして脳の血流量をアップさせると予防することができます。認知症になると本人もつらいとは思いますが、周囲にいる人間がかなり苦労をすることになります。

生活も大きく変わるため、仕事もできず食べていくことが困難になることもあります。普段から予防を心がけるようにすることが本当に大切です。

 

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 髪の毛の洗い方・乾かし方でサラサラに!ドライヤーの使い方がカギ

  • 目覚めをスッキリする簡単な方法はスマホ目覚ましアプリを使うだけ!

  • 世界一受けたい授業でも!デブ菌を減らして痩せ菌を増やすと痩せる?

  • キャッシュレス生活で金銭感覚はダメにならない。現金よりお金が貯まる理由

合わせて読みたい記事

  • 膝痛には筋トレをして痛みを減らす!こんな姿勢が膝の痛みに原因に

  • 兼子ただしが教える腰痛・肩こり・ポッコリお腹の解消法

  • 髪の毛の洗い方・乾かし方でサラサラに!ドライヤーの使い方がカギ

  • 【今でしょ講座】名医がしている美肌と睡眠に効果的な入浴方法

  • カロリーオフの食品ばかり食べていると太るかもしれない?

  • 尿もれの原因の1つは骨盤底筋。簡単なトレーニングの方法