1. TOP
  2. 川嶋先生が教える冷え性対策。体が冷えるとガンになりやすい!?

川嶋先生が教える冷え性対策。体が冷えるとガンになりやすい!?

健康な話題
この記事は約 4 分で読めます。 544 Views

11月16日放送のバイキングのひるたつは冷え性の4大新常識です。冷え性について教えてくれていた達人は全国名医ランキングベスト6に選出された、冷え性の権威の川島朗先生です。

スポンサードリンク

冷え性は万病の元

冷え性が怖いのはほっておくと、体温が下がってしまうことです。特に36℃以下の体温の人は冷え性に当たるのですが、冷え性で怖いのがガンです。

体温が35℃台だとなんとガンが過ごしやすい温度になってしまいます。

番組では体温の違いによる免疫細胞とガンの戦いの様子が映し出されていました。

体温が37℃の時は免疫細胞ががん細胞をどんどんとやっつけていくのですが、35℃になるとその働きが弱く、がん細胞をしっかりと倒せなくなってしまうのです。

湯たんぽで温めるポイントは

冷え性対策に湯たんぽを使っている人は多いと思うのですが、湯たんぽの使い方を間違えるとその効果は半減してしまいます。

湯たんぽで温めるポイントは『太もも』です。

冷え性を改善するためには体温を上げることがポイントです。そして体温を温めるためには血液を温める事が大切になります。

そうすると大切なのは血流が多い場所ということになります。そして筋肉には多くの血液が含まれるので、筋肉の多い場所に湯たんぽを当てることが効率よく温めるポイントになります。

太ももは体の中で1番筋肉が多いので温めるのに効率的なのです。

さらに昼間座って太もものうえに湯たんぽを置くとさらに効率的なのです。

半身浴はダメ

半身浴をすると体が温まるという医学的根拠はまったくありません。川嶋先生がすすめるのは全身浴です。全身浴では身体にかかる水圧が変わってきます。

全身がお湯に浸かることで水圧がかかり、心臓にかえってくる血液の量が増えるので効率よく温まるのです。そしてその入浴の仕方としては38℃~39℃のお湯に30分ほど浸かることがおすすめです。

川嶋先生によると、42℃の熱いお湯で短い時間入ると、血管が収縮してしましい、逆に身体を冷やすと話します。

冷えを改善するのにオススメなのは炭酸系の入浴剤

炭酸ガスが皮膚にひっつくと毛細血管をひろげ、血行を改善するのです。たった、5分でも炭酸系の入浴剤をいれてはいると全身の温度がアップします。

川嶋先生のオススメは『バフゆずの香り』でした。

スポンサードリンク

生姜紅茶にシナモンを足す

ショウガを取るときにはショウガ紅茶がおすすめなのですが、より効果的にとるには『シナモン』がおすすめ

シナモンは生薬としても使われており、身体を温める効果や、胃腸の動きを良くする効果が得られるのです。更には、風邪を除くや、深い眠りに付くことができるなどの効果が期待出来るのです。

ショウガ紅茶にシナモンを足すことで

  1. 身体を温める
  2. 便秘解消
  3. 風邪予防

の3つの効果が期待できるのです。 

寝るときに靴下を履く

寝るときに靴下を履くと靴下の締め付けによって血流が悪くなってしまうことがあるのです。ですから、締め付けの強い靴下を履くことはオススメできません。

履かないと寝れない人は、締め付けの少ない靴下を選んで履くようにすれば大丈夫なのです。

冷えとり用の靴下もあります。冷えとり用の靴下は締め付けがかなり少ないので利用しやすいと思います。

 冷えとりシルクインナーや靴下、パジャマの販売

 

川嶋先生が教える冷え性の解消方法をまとめました。冷え性の改善で入浴の方法は医師によって推奨する方法が異なっています。

38℃などの低い温度で入ると逆に体が冷えるという先生もいてるので、自分の体にあった方法で試すのがベストです。

心臓が弱い人などが全身浴をすると体にかなりの負担がかかるので、医師に相談して行うようにしてください。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • グランツーリスモSPORTのVRとハンコンを使ってプレイできない。VRはきつかった

  • デブ菌を減らして痩せ菌を増やすと痩せる?もち麦とおすすめのサプリ!

  • スマホの使いすぎで手・手首が痛い原因に。持ち方の工夫で解消できる

  • 運動が続けられるコツは必死に筋トレをしないこと!脳をだませば続けられる

合わせて読みたい記事

  • ジョブチューンで明らかに!寒い夜に熟睡する方法とは。

  • 老化を防止に期待!老化ストップホルモンが分泌されるには?

  • 医師がすすめる短時間で疲労回復をする食べ物と健診とは

  • 市販の風邪薬でも副作用は怖い…。正しい薬の選び方とは

  • 花粉症に効果的な食べ物はタマネギの皮で作る〇〇と〇〇なヨーグルト

  • くねくね体操で運動神経を鍛える。子どもでも高齢でも体が変わる!