1. TOP
  2. アロマ
  3. 百均でアロマオイルは大丈夫?コレはやっぱり使えない

百均でアロマオイルは大丈夫?コレはやっぱり使えない

 2018/11/23 アロマ
この記事は約 5 分で読めます。 20 Views

病院でアロマテラピーが実施できるように色々とアロマの勉強をしています。

アロマオイル(精油)はアロマテラピーの基本となるものなので、ちゃんとしたものを使用することがすごく大事。

特に肌に塗布するときは、オーガニックのもので残留農薬が含まれないものを選ぶべきだと教えてもらったので、アロマオイル(精油)を何に使うが凄く気を使います。

でもいいやつは高いので、なかなか普段遣いができないというのも事実。

少し香りを楽しむだけだったら百均のアロマオイルでもOKかな…?

いやいや、百均のアロマオイルだったらあまり使うことはおすすめできません。いや、僕だったら絶対に使わない。

百均のアロマオイルを使わないほうがいい理由をまとめていきます。

百均のアロマオイルと普段使っているアロマオイルを比べてみる

百均のアロマオイルは本当に100円で買うことができるんですよね。安い。

僕が普段使っているのはナチュラスサイコスが販売している、コスモス認証を受けた精油です。

両方のアロマオイルをテッシュに垂らして香りを比べてみる

百均のアロマオイルはラベンダーを購入したので、ナチュラスサイコスのオイルももちろん、ラベンダーを使います。

それぞれ、一滴ずつテッシュに垂らして香りを比べてみると。

 

ナチュラスサイコスのラベンダーは、しっかりとしたラベンダーの香りがして、頭の方まで香りが抜けてくる感じがします。

一方百均のアロマオイルはというと…。

ラベンダーっぽい香りはしてるけど、香りが薄い…。ずっと香りを感じていると、香りに深みがでてくるはずなのに全くでてこない…。

やっぱり百均のアロマオイルの香りは、ナチュラスサイコスのものとは全然違います。

百均のアロマオイルはナチュラスサイコスのものと中身も全然違う

アロマオイル、精油は植物に二次代謝産物である芳香成分が濃縮されたものです。

なので、ナチュラスサイコスなどの、本物の精油には学名とか抽出方法などが書いていますが、百均のアロマオイルはそんなものは書いていません。

百均のアロマオイルの材質を見てみると…。

  • 界面活性剤
  • エタノール
  • 香料

えーっアロマオイルなのに、アルコールに水に界面活性剤に香料って…。天然成分ではないやん。

百均のアロマオイルは植物の天然成分を凝縮したものではないっていうことです。

アロマテラピーが色々な作用をして、健康や美容に役立つというのは本物のアロマだから。

百均のアロマオイルを使っても、それっぽい香りを楽しむことはできるけど、ただそれだけって感じですね。

健康や美容に役立つのならば高くても本物のアロマを購入すべきです。

アロマ環境協会の精油の基準とは。この条件が揃っていないと認められない。

アロマオイルはどのようなものを選べばいいのかがわかりにくいです。

ただ、ちゃんとしたものを買うのならば百均は辞めてくださいね。

※ちなみにアロマオイル=精油ではありません。ちゃんとしたアロマテラピーに使うものは精油もしくはエッセンシャルオイルと呼びます。

アロマの使い方などの標準化を図るために設立された協会の一つ、アロマ環境協会では、アロマオイルはこのようなものが記載されているものを選べばいいと書いてあります。

精油製品情報(8項目)

  • 1. ブランド名
  • 2. 品名
  • 3. 学名
  • 4. 抽出部分(部位)
  • 5. 抽出方法
  • 6. 生産国(生産地)または原産国(原産地)
  • 7. 内容量
  • 8. 発売元または輸入元

2 使用上の注意事項1. 原液を皮膚につけないでください。

  • 2. 絶対に飲用しないでください。
  • 3. お子様の手の届かないところに保管してください。
  • 4. 火気には十分ご注意ください。

アロマ環境協会HPより

アロマ環境協会で精油と認められるものはこのようなものなのです。

アロマ環境協会のHPの中では認定されている精油のお店のリストも載っているので、それを参考に購入することをおすすめします。

百均のアロマオイルは精油ではないということです。

体に使うなら絶対に精油を使う。百均のアロマオイルを使ってはいけない

百均のアロマオイルは、健康のためとか美容のためとかに使うのではなく、ただ匂いを楽しむだけなら使ってもいいかもしれません。

ただ、本物の精油と同じように、精油を薄めて体に塗布したり、体に使うような使い方は絶対にしないほうがいいです。

そもそも、界面活性剤とかそんなものも入っているし、匂いは香料なので、使う意味がありません。

精油は天然成分で植物が作り出した有機化合物の集合体だから意味があるわけです。

だから、百均のアロマオイルを本物の精油と同じようには使わないでくださいね。

 

アロマの持つ健康や美容のために良い作用を引き出そうとしたら、多少高くても本物の精油を使うことが大事です。

百均のアロマオイルは本物ではなく、それぞれの香りはするけど、あまり意味のないものかもしれないって思って使ってくださいね。

多少高くても本物を使うほうがいいですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

Look for the topicの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Look for the topicの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!作業療法士は10年以上の経験があります。最近はメディカルで使うアロマの資格をとりアロマのある生活を送っています。自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • アロマを楽しむおすすめのディフューザーは無印良品のもの!

  • アロマで気持ちが落ち着く。どんな精油を選ぶといい?

  • アロマテラピーに使う精油(アロマオイル)の選び方

  • アロマオイル(精油)のケースを購入。精油の管理が楽になった!

合わせて読みたい記事

  • アロマオイルは薄めるのは当たり前?どのぐらい薄めて使えばいい?

  • アロマで風邪を予防!アロマスプレーの作り方とおすすめの精油

  • アロマテラピーに使う精油(アロマオイル)の選び方

  • アロマを楽しむおすすめのディフューザーは無印良品のもの!

  • アロマオイル(精油)を飲用するなんてやめたほうがいい

  • アロマオイル(精油)のケースを購入。精油の管理が楽になった!