夏のこの季節対策をしても蚊に刺されることは多いはずです。蚊に刺された時に痒みを止める裏ワザは本当なのかコレ考えた人天才じゃねの番組内であばれる君が検証していましたのでまとめてみました。

本当に使える痒み止めはあるのでしょうか?

蚊にさされたところを爪を使って十字でばってんを作る

この対処法はやったことがある人は多いのではないでしょうか。蚊にさされて腫れているところにグッと爪で押すと、痛みのせいなのか痒みが止まる気がするんですよね。

このバッテンの方法の効果について木沢記念病院の病院長北島康雄先生によると、皮膚の表面に傷がついて、その傷がもととなって蚊にさされたのとは関係のないかゆみの連鎖反応が起きてかゆくなるのです。

ということでこの方法は蚊に刺された表面に傷がつき逆効果になる可能性があるのでしないほうがいいです。

タマネギを蚊に刺されたところに刷り込む

蚊にさされたところに、輪切りにしたタマネギを1分程度すりこみます。あばれる君がためしたその結果は…痒くない。

タマネギをすり込むと蚊にさされた痒みは消えてしまうのです。

その理由は…

蚊にさされると刺されたところにヒスタミンが大量に分泌されます。ヒスタミンはその周辺の毛細血管が拡張することによって、かゆみの神経を刺激します。

そうするとあのいや~なかゆみが蚊にさされたところにつきまとうことになるのです。

そんなところにタマネギをすりこんでいくと、タマネギの摩擦によってヒスタミンによって拡張子した血管が収縮して痒みが収まるのです。

スポンサードリンク

 

バナナの皮を蚊にさされたところに刷り込む。

先ほどのタマネギと同じ要領で蚊にさされたところにバナナの皮をあててすり込んで行きます。コレもタマネギと同様にかゆみが消えるのです。

その理由もタマネギと一緒ですね。バナナを刷り込んだ摩擦によって、ヒスタミンの作用で拡張した血管が収縮することによってかゆみがきえるのです。

1adebdaead9604359b6746d38ed10fb0_s

歯磨き粉を蚊にさされたところに塗りこむ

これも一緒ですね、蚊に刺されたところに歯磨き粉を塗りこむとかゆみは止まります。

歯磨き粉を塗っただけ、ピタッとかゆみは止まるのです。そして、歯磨き粉を拭きとった後も、蚊にさされた部分を動かしていくとスースーして気持ちがいいのです。

なんで歯磨き粉でかゆみが止まる?

歯磨き粉も先ほどのタマネギやバナナと同様に、すり込んだ事による摩擦の作用で毛細血管が収縮し痒みがとまっているのがひとつ。

もうひとつは、ハッカの成分が摩擦で浸透させることによって、毛細血管を収縮させ、スースーする快感と同時にかゆみを抑えることが出来るのです。

50℃のお湯で温めた10円玉を蚊にさされたところに置く

50℃のお湯の中に10円玉を入れてまずは温めます。そして、50℃に温めた10円玉を蚊にさされたところに置いて1分待つと、なんとコレでもかゆみが消えるのです。

この理由は…

50℃前後の熱に対してはヒスタミンによって拡張した血管は収縮するのです。つまり蚊にさされた時の毛細血管は冷やしても温めてもかゆみをとることができるです。

 

巷にあふれる蚊に刺された時のかゆみを止める対策をあばれる君が身体をはってためしていましたが、患部にバッテン意外は効果があることがわかりました。

痒み止めなどの薬が近くにない場合は、歯磨き粉なんかはどこの家でもあるでしょうしためしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク