AndroidからiPhone7に乗り換えるときに迷うのが、iPhone7にするか、iPhone7 Plusにするかすごく迷います。そこで、実際に両端末を持った感触はどうなのか、写真を混じえて比較してみました。

iPhone7とiPhone7 Plusの違いは

iPhone7とiPhone7プラスどちらがいいのかの前に両端末の違いを確認しておきましょう。

画面の大きさ

画面の大きさが1番わかりやすい違いですね。iPhone7が4.7インチ・1,334 x 750ピクセル、解像度・326ppiなのに対して、7 Plusは5.5インチ1,920 x 1,080ピクセル、解像度・401ppiになります。

数字だけ見るとそんなに変わらない感じがしますが、使ってみると全然違います。画面の起大きさも違うのでもちろん重量も違います。iPhone7が138gなのに対して、7 plusは188g。50g、7 plusが重たくなります。

持ち味が全然違うことが想像できますね。

カメラの性能

iphone-26

カメラの画素数はどちらも同じ1200万画素。大きな違いは、7Plusには、広角カメラと望遠カメラが付いているということです。

デジカメのズームみたいにスムーズなズームはできませんが、光学で2倍までズームすることができます。スマホのカメラでしかも光学ズームができるって凄いですね。

そして、デジタルズームもiPhone7は5倍までしかできませんが、7 plusは10倍までズームすることができます。より、カメラの機能を楽しみたい。というよりかはiPhoneの新しいカメラをしっかり使いたいのであれば、7 plusが良さそうですね。

カメラの機能についても、両方で撮り比べもしてみたいと思います。

バッテリーのもち

バッテリーのサイズは公式には発表されていませんね。連続使用時間などバッテリーの持ちを比較してみましょう。

  iPhone7 7 plus
連続通話時間 3Gで最大14時間 3Gで最大21時間
連続待受時間 最大10日間 最大16日間
ネット利用
  • 3Gで最大12時間
  • 4G LTEで最大12時間
  • Wi-Fiで最大14時間
  • 3Gで最大13時間
  • 4G LTEで最大13時間
  • Wi-Fiで最大15時間
ビデオ再生 最大13時間 最大14時間
オーディオ再生 最大40時間 最大60時間
 
とうことで、若干7 plusの方がバッテリーの持ちがいいことにはなりますが、ネットとかをつかっていると、画面が大きいぶんそれだけバッテリーも消費をすることになるので、使用している間の電池持ちはそれほど変わらなさそうです。
 

iPhone7とiPhone7 plusの持った感じの違い

で、大事なのが実際に持ったときの感覚の差ですよね。比べてみましょう。まずはiPhone7にプラスして、今回はiPod touchを加えて比較してみました。iPod touchはiPhoneSEと同じおおきさで、最終世代です。

iphone%e3%80%8021

アイコンのく窮屈感大きさまったく違いますね。こうやってくらべると、7 plusはかなりアイコンの配置がゆったりとしています。

裏を見てみると

iphone%e3%80%8031

色によって印象が全然違いますね。iPod touchについている、左下のポッチにはストラップをつけることができたので、落下防止に便利がよかったです。デザインが…ってなるかもしれないですが落下防止のためにも、iPhone7にも漬けてくれてもいいような…。

ついていないってことは評判があまり良くなかったってことかもしれないですね。

持った感じを比較

iPod touch

iPod touchは楽勝で手の中に収まります。

ipod-touch%e3%80%801

なので、画面の端にふれることも簡単!片手持ちでどんな操作も困ることはなくつかくことはできます。キーボードで打つ場合は、狭く感じますが、フリック入力すると簡単です!

ipod-touch2

端末を持ち帰る必要がないので、手の小さい人は、iPhoneSEサイズはメリットがあります。

iPhone7

iPhone7は、若干大きくなりますが、片手持ち、片手でのフリック入力もできます。手にもしっかりと収まるので、デカイなって感じの印象はあまりありません。

iphone7%e3%80%8033

持ち替えることもなく、9の文字まで届きます。3に指を持っていく時は、若干、手の中で端末の位置を調整する必要がありました。

iphon%ef%bc%9732

少し大きく感じますが、画面の大きさと、入力のしやすさ持ちやすさを合わせると、ちょうどいい大きさになりますね。手が小さい人は、片手持ち、片手入力はしんどいかもしれません。

iPhone7 plus

iPhone7 plusはデカイです。もった感じもずっしりきますし、手の中に収まるというよりかは、しっかりとiPhone7を持ちにいくといった感じです。手が小さい人にはでかく感じることは間違いないです。

iphone7-plus-1

もちろん、片手でフリック入力はできないことはないですが、ワタシの手のサイズでは、右端にはかなり届きにくです。キーボードで文字入力するときは、片手では全く無理なので、片手持ちで片手打ちというスタイルになります。

両手を使わないと文字入力ができない…。

iphone7-plus-2

3の数字にはまったく届かないですし、9の文字にも届くか、届かないかといったところ。

iphone7-plus3

手の小さい人には、iPhone7 plusはきつい…。ただ画面は大きいので、両手打ちをした時に、ミスタッチがしにくいっていうメリットもあるんですけどね。

iPhone7と7 plusどっちがいいのか?

答えは、使うスタイルによって違うってことです。

映像をよく見て、ゲームをよくする、メールをする時は両手打ち、スマホで雑誌を読む、カメラも最新の機能を使いたい!って言う人は7 plusで決まり!

逆に、通勤のときに片手は、吊革、片手で端末をもって、メールを打つことが多い人。ニュースやネットの文字情報をよく見る人、出来る限り片手打ちがいいという人、ポケットにいれても、圧迫感が少ない方がいいという人はiPhone7の方がいいです。

AppleのネットショップではiPhone plusの方が売れているみたいですよ。7 plusはネットショップでも商品がないことが多いですからね。多数派を選ぶ人はiPhone7 plusで決まり!