1. TOP
  2. 初心者がスキーをするならショートスキーがおすすめ!パラレルターンも1日で

初心者がスキーをするならショートスキーがおすすめ!パラレルターンも1日で

 2017/09/18 お出かけの話題
この記事は約 6 分で読めます。 2,635 Views

一昔前にスキーをするときの板は身長プラス20㎝なんて言われていた時代があります。僕が高校生の時、始めてスキーをした時はこんな事を言われ得いました。

初心者が初めてスキーをすると長い板はすごく難しいんですよね…。今では身長+20㎝の長い板を使う人は減ってきていると思いますけどね~。

初めてスキーに行って長い板を使って、コケまくって全然楽しくない!なんてならないために!

初心者やスキー経験が少なくてなかなか滑れない人にはショートスキーがすごくオススメです。

ショートスキーは長さにもよりますが、1日でパラレルターンまで習得するのも夢ではありません。

僕はスキーは好きだったけど、長い板を使っている時はなかなか上達しなかった初心者スキーヤーがショートスキーに乗り換えたとたんパラレルターンまで出来るようになりました。

その視点から初心者にショートスキーをおすすめする理由をまとめています。

ショートスキーを初めて使った時に、足の軽さに感動した!ほとんどの斜面が怖くなくなった

長い板でスキーを滑るのはが昔は王道。僕自身がスキーをはじめて長い板を買って滑ってましたが、下手くそはなかなか上達しませんでした。

でも、スキー場の雰囲気が好きで、いつか上手くなることに憧れてスキーを続けていましたが本当に上達しません。(シーズンに1・2回しかいけませんでしたが…)

いつまでたっても、初心者コースを滑っていて、中級コースなんてまず滑れない…。

そんな時に出会ったのが板の長さが99㎝のスキーボードでした。

最初は短くて難しさを感じていたのですが、板が軽いので、下手くそでも振り回すのが簡単で、半日滑れば、中級者コースレベルまでなら恐怖感なく滑るようになりました。

簡単に板を横に向けることができるので、斜面がキツくても速度調整をすることが簡単なんです。

まじで感動しましたよ!

そのスキーボードから、ちょっと長さのある120㎝前後の板になると安定性がアップしたので、滑るのがすごく楽になりました。

120㎝のショートスキーに道具を変えるだけで、スキーが超楽しくなって、滑らないコースがなくなりました(上手いか下手かは別です(笑))

初心者におすすめなのは長さが120㎝前後のショートスキー!

ショートスキーの長さの定義はいろいろありますが、99㎝程度のものから120㎝から130㎝のものまで様々です。

99㎝の長さのものをスキーボード、120㎝前後の長さのものをショートスキーとわけているようですね。

その中で初心者におすすめするのは、長さが120㎝前後のショートスキーです。

99㎝の方が簡単に振り回すことは出来るのですが、120㎝板をおすすめします。

ショートスキーの長さ、120㎝程度の長さがあった方が姿勢が安定する。

板の長さが短いととりあえず、足回りがすごく軽いんです。昔の190㎝ぐらいの板と比べると全然違います。

板の長さが99㎝になると、板はめちゃくちゃ軽いです。スキー板をつけるというよりスケートをつけて雪の中を滑っている感覚になります。

本当に滑るには楽しいのですが、重心位置に対しては長い板よりもシビアです。

板が短い分、重心を乗せる事ができる場所も狭いんです。

だから、自分の重心がちゃんとした位置に乗っていないと、すぐにこけてしまいます。軽い分パワーで振り回せるので、それは楽なんですが、ビビって後ろに重心が乗った瞬間コントロールがしにくくなります。

新雪にも適応しやすいのはスキーボードよりも、ショートスキー

スキーボードは板の長さが短いので、体重がのる面積も小さくなります。だから、フワフワの新雪にいくとかなり滑りにくいです。

ワックスの塗り具合も影響すると思いますが、僕の経験上とにかく重たいです。

新雪になると、滑らないから、スケーティングして滑らあいといけないってこともあったので、楽しいんですけど、新雪だと疲れます。

新雪は板の長さがあった方が楽しめます。

初心者の人やなかなか上達しない人が使うなら120㎝~130㎝程度の長さの板がおすすめ。

はじめてスキーをする人とか、なかなかスキーが上達しない人はショートスキーがおすすめ。

僕はこの板の長さでパラレルターンが出来るようになりましたし、スキーが苦手だって言う人にショートスキーをすすめて来ましたが、ほとんどの人が滑ることができるようになっています。

99cmの板に比べると少し重たくなりますが、安定性は増します。

それに、120㎝程度あったほうが、一般的な長さのスキー板に近い感覚で滑ることができます

新雪もそれなりに滑れますし、上級者コースでも早ければ初日うちに滑ることができます。

120㎝の板は開放式のビィンディングが採用されている事がほとんど

開放式だから絶対安全というわけではないですが、ある程度の体重がかかった時に勝手に外れてくれるのが、開放式のビィンディングです。

そして、つけ外しをするときに楽なのは開放式のビィンディングです。

99㎝の長さの板は非開放式のものが多いので、滑り止めのリシュールコードもつけないといけないので若干手間がかかります。

しかも、足に必要以上の負荷がかかった時に板が外れないとケガをする可能性がたかまります。初心者なら開放式のビンディングがおすすめなので、ショートスキーの方がおすすめです。

(スキーボードも解放ビンディングが採用されているものもあります)

普通のスキー板よりもショートスキーは持ち運びがチョ~楽

スキー板が軽いし短いと持ち運びは本当に楽です。

長い板の時は車の屋根の上にキャリアをつけるのが必須でしたけど、ショートスキーなら、トランクとかラゲッジスペースに積んで移動することができます。

現地についてからも、それほど重たくないので、ゲレンデまで運ぶのも楽です。

ショートスキーが軽いのは滑るだけではなく、持ち運びの時にも生かされます。これは短いほど楽になりますよね。バスツアーでスキー場に行くときも格段に楽になりますよ。

まとめ

個人的な経験上、初心者におすすめなスキー板は120㎝前後の板です。

それなりに長さもあり、安定性もある上に、少しの体重移動で板が勝手に曲がってくれるので、斜面に対しての恐怖心がまじでなくなります。

ノーマルのスキー板でうまくなる方がかっこいいですけど、スパルタンにスキーをするんではなくて、冬の楽しみの一つとしてスキーをするならショートスキーが絶対おすすめ!

滑って楽しくないと、スキーに行く気なんてしなくなっちゃうんで。初心者で、スキーを滑る人は是非120㎝前後の板を使ってみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • グランツーリスモSPORTのVRとハンコンを使ってプレイできない。VRはきつかった

  • デブ菌を減らして痩せ菌を増やすと痩せる?もち麦とおすすめのサプリ!

  • スマホの使いすぎで手・手首が痛い原因に。持ち方の工夫で解消できる

  • 運動が続けられるコツは必死に筋トレをしないこと!脳をだませば続けられる

合わせて読みたい記事

  • 金沢観光におすすめのライトアップバス!乗ってみたいバス特集

  • 温泉の正しい入り方は泉質によって入浴時間が変わる!

  • 旅館やホテルで満室になっていても予約をとるための方法

  • 冷めても美味しいお弁当のおかずの作り方4選

  • シューイチで紹介さていた刈谷パーキングエリアの人気の秘密

  • ディズニーバケーションパッケージでもらえるオリジナルグッズ