1. TOP
  2. 子どもをスキーに連れてく時はスキーウェアは購入すべき!

子どもをスキーに連れてく時はスキーウェアは購入すべき!

お出かけの話題
この記事は約 5 分で読めます。 123 Views

スキー場に子どもを連れて行くときに買うかレンタルするか迷うもの一つがスキーウェア(ボードウェア)です。

頻回に行くなら買うけどたまにしか行かないしどうしようかなって迷っちゃいますよね。

なので、スキーウェアはレンタルしたほうがいいのか買ったほうがいいのかをまとめてその理由を経験を踏まえて書きました。

レンタルか購入か迷ってる人は是非読んで下さいね!

子どものスキーウェアはレンタルにする?それとも買うほうがいい?

各スキー場で子どものスキーウェア・ボードウェアの1日レンタルした時の価格を調べてみると

  • 1日1,600円(岐阜・高鷲スノーパーク)
  • 1日1,500円(長野・野沢温泉スキー場サロモンステーション)
  • 1日1,800円(長野・八方尾根スキー場)
  • 1日2,500円(兵庫・ハチ北スキー場)

場所によって値段は様々ですが、レンタル料金的にはそれほど高いものではありません。

ワンシーズンで1回か2回しか行かない人はレンタルの方が得なのは間違いないですね。楽天市場でスキーウェアの価格を調べてみると最安は5,000円ぐらいから購入することができますが、1版安いものでも得とは言えません。

なので、日帰りスキーを1シーズン1~2回で翌年もスキーに行くかどうかわからない人はレンタルで十分です。

初めてスキーに行って続けるかわからない場合はレンタルで十分です。荷物にもならないし、濡れたスキーウェアをクリーニングなんて手間を考えたらレンタルが楽です。

  • 1シーズンに1回多くて2回しかスキー場に行かない
  • 翌年もスキー場に行くかわからない
  • 余計な荷物を増やしたくない
  • クリーニングをするのが面倒
  • 高いお金を出してウェアを買いたくない

こんな人はウェアを購入するよりもレンタルのほうが得です。初めて行く人は子どもがまた行きたいって言ってから買っても遅くないですからね。

じゃあスキーウェアを買った方がいい人はどんな人なのか?見ていきましょう!

子ども用のスキーウェアを買うべき人はこんな人スキーウェアを買うメリットは

好きなデザインのスキーウェアを着たい人

スキー場に行くとわかるんですけど、スキーウェアのデザインてすごく大事です。

写真を撮った時にお気に入りのウェアかレンタルウェアかで出来上がった写真の印象が変わります。

絶対そうとは限らないんですけど、安いレンタルウェアほどイマイチなデザインで、他にも同じウェアを着ている人がいたりするので、なんだか写真がダサく感じるんですよね。

それに気に入ったウェアを着ている方が滑っている時もそれだけで楽しいです。

見た目を気にする人は買ったほうがいいですよ。

たくさんの人が着た後のスキーウェアを着たくない人

レンタルウェアはたくさんの人が使っているので、クリーニングをしているとしても、なんだかいやだって思う人もいますよね。

こんな人はスキーウェアは購入しましょう。我慢してレンタルして、嫌なウェアを着ながら滑っても楽しくありません。

1シーズンに何回もスキー場に行くし毎年スキーに行く人

スキーに行く回数が多い人は、ウェアは買ったほうが得ですよね。ジュニア用の安いスキーウェアを買えば1シーズン4回も行けば得します。

そして、自分のウェアは体に馴染んでくるので、動きやすいんですよね。

更に大きいのは待ち時間。レンタルするのに時間がかかるし、返却するのにも時間がかかるので、せっかくのスキー場で過ごす時間がもったいない。

ウェア(スキーとかボードも必要ですが…)を買っておけば余計な時間を使う必要もありません。

 

スキーウェアを買ってあんまりスキー場に行かなかったな…ってなっても、メルカリとかヤフオクとかで売ることもできますし、ブックオフのようなリサイクルショップに売ることもできます。

ウェアのジャケットは普段の通学でも使うことはできますしね。

スキー場に行く回数が少なかったとしても、お気に入りのウェアを着たいのであれば、迷わずスキーウェアを買いですよ!

子供用のスキーウェアはなるべく安いほうがいい?それとも高いものがいい?

スキーウェアを買いに行ったら値段が高いもの安いものあるからどれがいいか迷いますが、デザインが気に入れば高いものを買っておくほうがいいでしょう。

スキーウェアを購入するポイントは耐水圧です。

安いスキーウェアだと耐水圧が低いものが多いです。10,000円未満のものは耐水圧が5,000mmぐらいのものが多いです。

5,000mmだとダメというわけではないんですが、雨が降ったり、水分が多い雪質だと、ウェアに水が染み込む確率はかなり高くなります。

なので、できるだけ耐水圧が10,000mmを超える物を選んでおくことがおすすめです。

耐水圧が10,000あれば色々な天候に対応できて、ウェアの中に水が染み込みにくいです。

子どもは特に雪の上に座って遊んだり、初めてのスキーやボードでよくコケるってこともあると思うので、耐水圧が10,000のものをおすすめします。

安いウェアを買って水が染み込んできたら、冷たいし・寒いしスキー場が楽しくなくなります。あまりケチらないようにしてくださいね。

多少値段が高くても子ども用のスキーウェアはサイズの調整ができる

子供用のスキーウェアを買う時に一番思うことが、子どもの成長。

子どもが成長したらすぐに使えなくなるから高いものは買いたくないって思いますが、子供用のスキーウェアはサイズの調整ができるものがあります。

ジャケットの袖の長さと、パンツの裾の長さが簡単に調整できるので、身長20cmぐらいの幅の対応ができます。

ウェアを購入する時に、できるだけ大きいサイズを買っておけば、着ることができる年数も長くなるので、サイズの調整ができるものを選んで置けば多少高くても、買って損にはなりませんよ。

 

個人的にはスキーに年間2回ぐらいいくならスキー用品はウェアから全部揃える方がいいかなって思います。

馴染んだ道具のほうが滑りたくなりますし、買っちゃうとまたスキー場に行こうってなるから、結局買ってよかったっていうことが多かったからです。

ガッツリ楽しむなら購入をおすすめします。

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 冬の手荒れを防ぐためのプロに学ぶ方法

  • N-BOXの安全性は高い。安心して乗れる軽自動車

  • amazonプライムビデオでおすすめドラマはコレだ!

  • iPhoneのバッテリー交換は急がなくてもいい?どのタイミングで持っていく?

合わせて読みたい記事

  • ディズニーランドに大阪から家族で!初心者が新幹線プランで行く

  • コスモス園!豊能町(北大阪)とよのコスモスの里を写真付きで紹介します。

  • アウトレットで買い物!欲しい商品が充実している日はいつ?

  • 金沢観光におすすめのライトアップバス!乗ってみたいバス特集

  • バイキング!伏見稲荷大社で神さんぽ

  • 京都でおすすめの天橋立海水浴場!駐車場も海の家も近くにあるからおすすめ