1. TOP
  2. 仕事
  3. 大阪から名古屋まで研修会に参加。新幹線・車どっちが得なのか?

大阪から名古屋まで研修会に参加。新幹線・車どっちが得なのか?

 2018/08/07 仕事
この記事は約 5 分で読めます。 35 Views

リハビリの仕事をしていると、日本全国各地で開催されている勉強会や研修会に参加する必要があります。

この研修にかかるお金を勤務先が負担してくれたらいいんですけど、ほとんどの場合は負担してくれません。

自己研鑽をしても勤務先のプラスにならなければ、病院や企業としてもお金を出す意味がないですからね…。

勉強会のお金・交通費・宿泊費すべて支払うと結構な負担になります。

そこで、大阪に住んでいて名古屋の2日間の研修会に参加するとき、交通費と宿泊費を少しでも安く済ませるために、色々と比較検討しました。

何で行くのがお金と時間が得なのかまとめます。

車で大阪から名古屋まで行くときの料金と時間

高速道路の料金やガソリン代は大阪のどこに住んでいるかでも変わってきますが、名神高速道路の吹田から、名古屋駅付近の出口の名古屋高速都心環状線錦橋までの料金をしらべました。

吹田ICから名古屋高速の錦橋高速道路代

 休日ETC割引 3,910円

 平日ETC 4,750円

名神高速道路→新名神高速道路→東名阪自動車道→名古屋高速と通っていくルートです。

吹田ICを利用する場所に住んでいればこのルートですが、大阪の南に住んでいたら、西名阪自動車道から名阪国道→東名阪自動車道を使うルートもありますね。

名阪国道を使うと料金は1,000円ほど安くなりますが、時間は余計にかかります。名阪国道をどれぐらいの速さで走るかによりますが…。

ガソリン代

高速道路を走る距離は156km。15km/L走る車に乗って、ガソリン140円/Lで計算すると、1,456円かかります。

駐車場代

駐める場所によって違いますが、名古屋駅周辺は1日2,000円ぐらいが相場です。最大料金が設定されていない駐車場は、もう少しお金がいりそうです。

また、ホテルに泊まる場合は、ホテルで駐車車料金を取られることもあります。

片道7,366円で、所要時間は1時間51分です。

新幹線で名古屋まで行くときの料金と時間

新幹線で行く場合は、何で行くかによっても料金が変わりますが、のぞみの指定席以外は同じ料金です。

  • のぞみ 指定席 6,760円 自由席 5,830円
  • ひかり 指定席 6,550円 自由席 5,830円
  • こだま 指定席 6,550円 自由席 5,830円

所要時間は、のぞみとひかりは50分。(ひかりは停車駅によって変わります)こだまでも1時間4分。

時間はそれほど大きく変わらないので、こだまでゆっくりと座って行く方法もありですね。50分ぐらいの移動なので、のぞみもしくはひかりの自由席が安く行くには現実的ですね。

新幹線が一番速く名古屋に到着することができます。

近鉄アーバンライナーで名古屋まで行く時の料金と時間

近鉄で大阪から名古屋まで行く場合は、近鉄特急アーバンライナーを利用するのがベストです。

大阪難波から近鉄名古屋までの片道の料金は4,260円で、所要時間は2時間10分です。

スマホでチケットを購入すると、特急料金が100円引き、平日限定の早割(7日前までに予約購入)で特急料金が1,000円引きです。

3つのうちで一番オトクなのはどれ?表で比較してみる

交通手段 値段(往復) 片道の時間
新幹線(自由席) 5830(11,660円) 約50分
近鉄特急 4260(8,520円) 約2時間10分
自家用車 7366(14,732円) 約1時間50分

こうやって比較すると、値段的には近鉄、少しでも早く着くには新幹線がいいってことです。約3000円の差なら時間をとって新幹線がベターな選択ですね。

車で行くのが一番お金がかかります。2名以上で同じ研修会に参加するならば車が一番お得です。(現地に宿泊せずに、車で2日間往復することを考えても、車が一番お金がかかります)

ただ、新大阪や難波までの交通費がそれなりにかかるのであれば、車との値段が変わらない場合もあります。

名古屋近辺で研修会や勉強会がある場合は、新幹線などの利用が良いと思いますが、名古屋から少し離れた地域で研修会がある場合は、駐車場代がかなり安くなりますし、名古屋から、研修会場所までの交通費を考えると車が得ですね。

新幹線でこだま利用なら東海ツアーズを使うのもあり

東海ツアーズが実施している、新大阪~名古屋間の新幹線の往復とホテルの宿泊がセットになったプランがあります。

素泊まりプランでこだま利用なら、新幹線往復とホテル宿泊で16,000円~17,000円程度で行けるのでかなりお得です。ひかりの利用もできるんですが、値段が上がるのであまり意味がありません。

こだまとのぞみの到着時間の差は10分程度なので、こだま利用で安く行くのも一つの手ですね。

勉強会に参加するときは、お金を節約しつつ時間を節約することも大事なので、大阪から名古屋の移動は、新幹線が現実的ですね。

ただ、各駅停車のこだまに乗ったとしても、新大阪なら、京都→米原→岐阜羽島→名古屋なので、各駅に停まってもそんなに苦痛ではありません。

1人で勉強会に参加するなら、こだまプランがおすすめです。

\ SNSでシェアしよう! /

Look for the topicの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Look for the topicの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!作業療法士は10年以上の経験があります。最近はメディカルで使うアロマの資格をとりアロマのある生活を送っています。自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 朝の目覚めの悪さには肝臓が原因の一つ。チーズを食べると解消できる?

  • クリスマスソングは健康に悪い?イベントよりも大事なもの

  • トラックボールマウス。親指で操作できるロジクールSW-M570レビュー

  • トラックボールマウスに買い替え(SW-M570)手首が痛い!を解消する

合わせて読みたい記事

  • 疲れないナースシューズといえばコレで決まり!本当に使いやすい

  • 無意味なミーティングばかりする上司(リハビリ科長)がヤバイ

  • 上司が理不尽で嫌い。そんな職場は辞めるべき?OTの実体験を元に

  • リハビリ職(PT・OT・ST)の転職。自分の経験から働き方は変えるべきだと思う

  • リハビリでの勉強会は強制的に参加させられて意味があるの?

  • リハビリのセラピストの勉強・練習におすすめのトリートメントベッド