1. TOP
  2. ライフハック
  3. 食器用洗剤を使って窓の結露を防ぐライフハック

食器用洗剤を使って窓の結露を防ぐライフハック

 2015/12/13 ライフハック
この記事は約 3 分で読めます。 18,137 Views

寒くなってきて、外気温と室内の温度の差がでると窓が結露します。

窓の結露をほっておくと、カーテンがビタビタになったり、カビの原因になったりするので毎日の窓拭きはかかせません。

朝起きてから忙しい時間帯なのに、窓拭きもしないといけないのはめんどくさいです。

なんとか結露しないように、エアコンをドライでいれたり、バスタオルを置いておいたり、対策を考えますが根本的な解決にはなりません。

そこで、結露を防ぐための簡単な方法を紹介しまうす。

 

なぜ窓は結露するのか

部屋の空気の中に含まれる水蒸気が、外気によって冷やされた窓ガラスに冷やされて水滴になり、表面張力で窓ガラスにぶら下がっている状態になっているのです。

食器用洗剤を使って窓の結露を防ぐ

今回のプロ技を教えくれるのは、お掃除本舗の尾崎真さんです。結露の対策としては、窓が部屋の水分で濡れるのを防ぐのが一番です。

結露を防止するのに使うのがどの家庭にも必ずある『食器用洗剤』です。

まずは食器用洗剤を使って窓の結露を予防する液を作ります。

カップ1杯の水大さじ1杯強の食器用洗剤を入れて混ぜます。

  1. この作った液剤を雑巾につけて窓ガラスを拭きます。
  2. そして乾いた雑巾で泡をキレイに拭き取れば完成です。

翌日朝起きても窓が結露していません。

なぜ窓が結露しなかったのか

食器用洗剤の中には界面活性剤がふくまれています。

そして、窓が結露しているのは表面張力の力で部屋の水分が張り付いている状態ですよね。

界面活性剤には表面張力をなくしてしまう働きがあるのです。ですから、窓に先ほど作った食器用洗剤を薄めた液剤を塗っておくだけで水滴ができなくなるのです。

窓ガラスに食器用洗剤を薄めた液体を塗っておくと、その効果で窓ガラスで冷やされた水は水滴にならず、薄い膜になります。

そして薄い水の膜は乾燥するのが早くなり、ほとんど結露しなくなるのです。

何日効果が持続するのか

このプロ技は一度窓ガラスに塗っておくと約5日間は効果が持続します一週間に1回~2回程度塗っておくといいですね。

朝置きて忙しい時間にわざわざ窓を拭くことを思えば、空いた時間に液剤を塗っておけばいいので、楽ちんですよね。

まとめ

複層ガラスなどでないと結露を防ぐのはなかなか難しいです。カビなどを防ぐためにも結露を除去することが大切です。

このプロ技を使って窓の結露予防してみましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

Look for the topicの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Look for the topicの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!作業療法士は10年以上の経験があります。最近はメディカルで使うアロマの資格をとりアロマのある生活を送っています。自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 筋肉痛が遅れてくるのは年のせいじゃない!

  • 朝起きることができないのは低血圧のせいじゃない!

  • 最後は自宅で迎えたい!なんとめでたいご臨終から学ぶこと

  • ユニクロのヒートテックの重ね着でさらに暖かくする方法

合わせて読みたい記事

  • マイナンバー制度の基本。知るべきポイントをバイキングで紹介

  • 戸田拓夫が教えるよく飛ぶ紙飛行機の折り方。即席でも25m飛んだ!

  • ソニーのアクションカメラFDR-x3000を頭につけて撮影するためのユニーバーサルヘッドマウントキットを試してみた

  • 掃除をする時に窓を開ける時と畳を掃除する正しいタイミングは

  • かき氷で頭がキーン!簡単に防ぐ方法

  • お掃除ライフハック。激安に油汚れ・床の凹みをキレイにする方法