1. TOP
  2. 【今でしょ講座】風邪を予防するための正しいうがいと手洗いの方法

【今でしょ講座】風邪を予防するための正しいうがいと手洗いの方法

健康な話題
この記事は約 3 分で読めます。 319 Views

12月8日放送の林修の今でしょ講座。前回の記事では今津先生が教える風邪の予防法。睡眠・湿度編で加湿器の使いかたや免疫力をアップさせる睡眠の取り方を紹介しました。

今回も引き続き風邪の正しい予防方法、うがいの正しい方法、手の正しい洗い方についてまとめています。

正しい予防法を身につけて風邪から身を守りましょう

5822575a9196bd55b7300bceafc510c2_s

正しいうがいの方法

外から家に帰ってきたら、うがいは必ずしますよね。風邪をひきたくないこの季節は特にうがいをちゃんとしないといけないと思っていますが、どんな方法でうがいをしていますか?

口に水を含んで上を向いてガラガラぺっ。

こんな方法が一般的ではないでしょうか。しかし、今津先生はこれでは正しいうがいの方法とは言えないと話します。ではどのような方法がただしいのでしょうか。

うがいで大事なポイントは3つあります。

口の中をゆすぐ

ウイルスは最初に口の中から入ってきます。なので、最初は口の中をゆすぐ事が大切になってきます。最初に口の中を10秒間ゆすぎ、口の中のウイルスを除去します

上を向きうがいをする

水を口に含んでガラガラとのどを振動させる方法です。のどを振動させることによって、のどにあるシワに入っているウイルスを除去するためです。

そして、もう一つのポイントが喉のしわを伸ばすように頭を左右に傾けます。こうすることでのどの両端のカゼウイルスが取れやすいのです。

時間は10秒ぐらいでOKです。

1回のうがいの時間をあまり長くかけることができない人は、3回にわけてやってもOKです。

スポンサードリンク

風邪予防のための手洗いのポイント

家に帰ってからするのはうがいだけではありませんよね。手洗いとうがいが1セットですよね。風邪のウイルスは手の上で1週間は生きているといわれています。

しっかりと手洗いをすることが大切になります。

爪の間を洗う

爪と指の間にはウイルスが溜まりやすくなっています。なので、しっかりと洗うことが大切です。爪の間は爪を立てて手のひらでこするとOKです。

1本ずつやらなくてもこれで大丈夫なのです。

しわを伸ばして洗う

風邪のウイルスは手のシワの間にもいる可能性があります。手のシワをしっかりと伸ばして洗うことが大切です。手の甲を洗うときはわしのあしのような形にしてシワを伸ばして手を洗うこと。

そして、手のひらを洗うことは指をしっかりと開いて手を洗います。

さらに手首のしわもしっかりと伸ばして洗うことが大切です。

指の間を洗う

指の間を洗うときは指を1本ずつねじりながら洗っていきます。

まとめ

冬場は夏場に比べて手洗い、うがいをする機会が増えます。手洗いうがいをすることは大切ですが、風邪を予防するためには正しい方法でうがい、手洗いをすることが重要です。

毎日のうがい手洗い少しでも効率的にするために正しい方法を実践しましょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • グランツーリスモSPORTのVRとハンコンを使ってプレイできない。VRはきつかった

  • デブ菌を減らして痩せ菌を増やすと痩せる?もち麦とおすすめのサプリ!

  • スマホの使いすぎで手・手首が痛い原因に。持ち方の工夫で解消できる

  • 運動が続けられるコツは必死に筋トレをしないこと!脳をだませば続けられる

合わせて読みたい記事

  • 【スゴ腕の専門外来】スマホ老眼に効果的な眼トレとは

  • 蒸し生姜のオーブンを使った簡単な作り方!体温を高めて免疫力アップが期待できる!

  • 【今でしょ講座】あなたの座り方は大丈夫?正しく座って歪みを改善!

  • ヒートショックを防ぐ新常識。体に負担をかけない入浴法

  • 肩こりは揉んでも意味が無い?筋膜リリース体操で解消する!

  • 【今でしょ講座】風邪の症状なぜ起こる?を今津先生が教える!