1. TOP
  2. 体のこと
  3. ルイボスティーがエイジングケアに効果!?効率よく摂る方法とは

ルイボスティーがエイジングケアに効果!?効率よく摂る方法とは

 2016/02/21 体のこと 美容な話題
この記事は約 3 分で読めます。 813 Views

2月21日放送の林先生の初耳学はダイエット食材の話題です。

ダイエット食材は色々とあり、注目されているものはたくさんありますよね。

今回取り上げられていたのは、お茶です。

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s

お茶の中でもアンチエイジングに効果があるとして『ルイボスティー』が紹介されていました。

ルイボスティーとは

ルイボスは南アフリカ原産のお茶です。

ルイボスティーはポリフェノールが豊富で活性酸素の除去に役立つと言われています。

特にエイジングケアに効果があるとされているのですね~。

そして、ルイボスティーにはカフェインが含まれていないため、

乳幼児や妊娠中に飲んでも大丈夫なので、副作用が少ないお茶とも言われているのです。

そして、ルイボスティーの抗酸化作用は緑茶の50倍とも言われています。

さらにルイボスティーには癖がほとんどなく、食事と一緒に摂っても違和感がありません。

食事と一緒に飲めると、わざわざ摂らなくていいので、いいですよね。

スポンサードリンク

 

ルイボスティーを効率よく摂る方法

エイジングケアに効果的なルイボスティーですが、ルイボスティーの特徴として、

紅茶のように糸がありません。

紅茶に糸がついているのは、お湯の中にティーバッグを入れっぱなしにしておくと、

渋く苦くなっていきます。渋くなる原因は紅茶に含まれているタンニンが原因です。

紅茶の場合はタンニンが出すぎる前に引き上げることができるように、糸がついているわけです。

紅茶に比べるとルイボスティーに含まれるタンニンの量は少ないのです。

そのため急いで引き上げる必要はないのです。

ルイボスティーの場合は、逆に早く引き上げることとで、

エイジングケア効果への期待が薄くなってしまいます。

ルイボスティーに含まれるポリフェノールが抗酸化作用をもち、

エイジングケア効果が期待できるのですが、

素早く引き上げてしまうと、ポリフェノールがしっかりと出きらないのです。

広島工業大学の研究によると、

ルイボスティー500mlのポリフェノール抽出量は、5分でティーバッグを取り出すと、125mgしか抽出されなかったのに対して、

20分間でティーバッグを入れておくと、244mgのポリフェノールが抽出され約2倍の差がでたのです。

まとめ

ルイボスティーはエイジングケアに高い効果が期待され、

カフェインなども含まれず、副作用の少ないお茶なのです。

普段のお茶をルイボスティーに変えてみるのはありですね。

そんなルイボスティーを効率よく摂るためには時間をかけてしっかりとポリフェノールを抽出するようにしましょう!

スポンサードリンク

[ad]

\ SNSでシェアしよう! /

Look for the topicの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Look for the topicの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

この人が書いた記事  記事一覧

  • LUMIX(ルミックス)S5mark2を買って絶対に必要だったもの

  • 車に乗るなら必須のMSSS対応のレーダー探知機。ブリッツ(BLITZ) TL313S

  • 任天堂スイッチ(Switch)のプロコン。純正品を久しぶりに使ってみた結果

  • キーボードの入力を快適に!ロジクールのWAVE KEYS(K820)で快適な文字入力ができる

合わせて読みたい記事

  • ユーグレナが便秘解消に役立つ。豊富な栄養素がダイエットにいい!

  • 名医がすすめる!ガンの予防に役立つ飲み物とは?

  • 秋の体のだるさは秋バテ?自律神経が原因だった。

  • 日焼けすると疲れる…原因と正しいUV対策で紫外線からの疲労を防ぐ

  • 夏の冷え性の原因とは?改善するにはツボを押すだけでいい!?

  • 熱中症対策!10日間で暑さに強い体を作る方法とは