1. TOP
  2. iPhone
  3. iPhoneXでアップルケアが高すぎたけどモバイル保険なら料金も安く得だった

iPhoneXでアップルケアが高すぎたけどモバイル保険なら料金も安く得だった

 2018/05/23 iPhone
この記事は約 9 分で読めます。 1,806 Views

iPhoneXはこれまで発売されたiPhoneの中でもめちゃくちゃ高いです。

iPhoneXを256GBで購入したら、14万円を超えますからね…。

これだけ値段が高いと、持ち運びにも気を使いまくりです。落として画面が割れたり故障したら最悪ですからね。落とした瞬間に下手したら14万円が一瞬でパー。

だからiPhoneXを購入するときには、Appleの延長保証AppleCare+加入するべきなんですけどまじで高すぎる…。

iPhoneの保険といえばAppleCareになっちゃいますけど、他にも安く入れる保険もあるので、AppleCareと比較してどちらがお得なのかを調べてみました。

iPhoneの保険と言えばAppleCare+iPhoneXだけ高い!料金はどれぐらい?

iPhoneの保険と言えば、アップルケア+です。

アップルケア+に入っておくことがベターなんですが、iPhoneXの場合はアップルケア+に入るための料金が値段が高いんです。

iPhoneX以外のiPhoneの加入料金は16,800円(18,144円)なんですが、iPhoneXのAppleCare+への加入料金は22,800円(24,624円)とかなり高いです。

iPhoneXの購入時に14万円+22,800円(税別)はお財布にはかなり厳しい…。

スマホを買うのに16万超えるってありえないですよね…。でもiPhoneXが高いから保険に入らないのも不安です。

iPhoneXには必須のアップルケア+の保証内容は?

iPhoneXはAppleCare+に入らないとなんの保証もついていないわけではありません。

アップルケア+に入らなくても、iPhone本体には購入日から90日間のサポートと1年間の保証はついています。

AppleCare+に加入すると、保証期間とサポート期間が2年間に延長されます。

自然故障でも2年保証になれば、機種変更したいなって思う2年間は、安心してiPhoneを使えるってことです。

アップルケア+に入ることのメリット。iPhoneの液晶画面が割れても本体が割れても安く修理してくれる

アップルケアに入る一番の理由は自分の過失とか事故でiPhoneXが壊れた時に修理の料金が割り引かれるってことです。

  • 画面の損傷が1回につき3,400円
  • その他の損傷は1回につき11,800円

※最大2回までサービスを受けることができます。

バキバキに画面が割れたiPhoneをよくみかけますけど、せっかく高いiPhoneなのに悲しくなっちゃいます。

アップルケア+に加入していなければ、画面割れをなおすのには31,800円がかかるので、なかなかお金を出すのに抵抗があります。

仕方なく割れたままのiPhoneを使うことになってしまいますが、アップルケアに加入していたら3,400円の修理費なのでお小遣いでもiPhoneをなおすことができますね。

iPhoneXの背面修理料金は高い!液晶画面だけではなく、背面もガラス仕様になったことで落とした時のリスクは倍に

iPhone8とiPhoneXはワイヤレス充電に対応しているので、本体の背面がガラスになりました。

iPhoneを落とした時は液晶がだけではなく、iPhoneの背面も割れるリスクがあります。

スマホは手に持って持ち歩く分、落とすリスクが高いので、これまでにiPhoneを落として画面を割ったりした人は、アップルケアに加入は必須です。

iPhoneXの液晶画面以外の修理費用はこんな感じ

  • AppleCare+に加入していない場合の液晶画面以外の修理費用:60,800円
  • AppleCare+に加入している場合の液晶画面以外の修理費用:11,800円

AppleCare+に入っていないと修理代金は5万円も違います。液晶以外の損傷に備えるなら、何らかの保険をかけておくことが必須といっても過言じゃ無いレベルです。

アップルケア+に入るとバッテリーも無償交換の対象に

動画をみたり、ゲームをしたりで、iPhoneの充電、放電を繰り返していたら、短期間でバッテリーの性能が劣化する場合があります。

アップルケア+に加入していれば、バッテリーの性能が本来の性能の80%未満に劣化していれば、無償で交換してくれます。

アップルケア+に入っていなくて、保証対象外となった場合は、バッテリーの交換料金に8,800円(2018年12月までは3,200円iPhone6・iPhoneSE以降の機種のみ)がかかります。

まぁ、バッテリーだけならそれほど痛くない出費ですね。

もし、アップルケア+に入ってなくて落としてトラブルがあったら修理代のまとめ

アップルケアに入っていなくて、修理が必要になった時のお値段がこれです。保証期間中2回までが保障の対象です。

  画面の損傷のみ その他の損傷
iPhone X 31,800 円 60,800 円
iPhone 8 Plus 19,800 円 43,800 円
iPhone 8 17,800 円 38,800 円
iPhone 7 Plus 19,800 円 38,800 円
iPhone 7 17,800 円 35,800 円

まぁ、めちゃくちゃ高いです。

iPhoneXの場合は、画面の損傷だけも31,800円…。その他が壊れたら60,800円…。

両方壊れたら、新しいiPhone買えますね。iPhone8なら。

この値段をみると、アップルケア+の値段が高いって言っても入っておいたほうが良さそうですね。

iPhoneXの画面が割れた場合、アップルケア+に入っているとどれぐらいお得?

iPhoneXの画面が割れた場合は、アップルケア+に加入していないと31,800円。

アップルケア+に加入していれば、22,800円+3,400円で26,200円。

一度の画面割れでも、アップルケア+に入っていれば5,600円をします。

2度までは画面割れに対応してくれるので、もし2度画面が割れたら34,000円アップルケアに入っているほうが得です。

iPhoneXを落とした時に怖いのは赤外線カメラの損傷

iPhoneXを落として画面も背面も無事だったとしても、赤外線エミッタが壊れる可能性が高いようです。

赤外線エミッタはFace IDを利用する時に顔の立体的なマップを作り出すために絶対に必要なもの。

iPhoneXを落下させてしまって、画面にガラスは無事でもFace IDが使えないなんてことも…。

赤外線エミッタが壊れた場合は、その他の損傷になるので、修理費はこんな感じ。

  • アップルケア+に入っている   22,800円+11,800円で34,600円
  • アップルケア+に入っていない  60,800円

アップルケア+に入っている方が26,200円もお得になるんです。

落とした経験のある人はアップルケア+に入っておくことが安全です。確実に。

アップルケア+に入らなくても、モバイル保険に加入するという方法もある

iPhoneの保険は実はアップルケアだけではありません。保険会社が実施している『モバイル保険』というものがあります。

モバイル保険は月々の保険料を支払うことによって、持っているiPhoneなどが破損・水没・修理・盗難などの際最大で10万円の保険金が支払われます。

アップルケアに入らなくても、モバイル保険を理由することでiPhoneXに万が一のことがあった時に補償をつけることができます。

モバイル保険は月額700円で画面割れや水没などの際、修理費用を1年間で10万円までなら何度でも修理代金を補償してくれるというものです。

単純に月額700円なので、2年間で16,800円(18,144円)なので、iPhoneXの場合は、AppleCare+に加入するよりも安く入ることができます。

モバイル保険はアップルストアケアよりも修理できる回数が多い。1年間での利用料金と保証回数

モバイル保険は1年間だと合計8,400円(9,072円)保証されます。

画面割れはアップルストアで修理しても31,800円。モバイル保険を利用すると1年間で約3回の画面修理が可能です。

また、液晶画面割れ以外の故障でも年間に1回は10万円までの修理代金が保証されるので、1.7回分ぐらいの修理代金が保証されます。

1年以内に液晶画面が割れた場合の修理代金比較した場合

  • アップルケア+に加入していない:31,800円。
  • アップルケア+に加入している:22,800円+3,400円で26,200円。
  • モバイル保険に加入している8,400円

モバイル保険にはいると、液晶画面が割れた時などの修理代金が圧倒的にお得になるんです。

モバイル保険は端末を購入後1年未満で全機能が正常に動いておけば加入することができる

アップルケアプラスに加入するためにはiPhone購入後30日以内に加入しないとダメなんですが、モバイル保険の場合はiPhoneの全機能が正常に動いている場合1年未満であれば加入することができます。

また、モバイル保険は月額700円と払いやすいです。アップルケアプラスのように一気に22,800という高いお金を払うわけではないので保険を払いやすいのが特徴です。

モバイル保険はiPhoneだけではなく他のモバイル端末にも保証をつけることができる

またモバイル保険の特徴はiPhoneに保険をかけるわけではなく、人に保険をかけるという考え方です。

なので、Wi-Fiにつながるスマホ以外の端末を2台補償してくれます。

例えば、『iPhoneX』『iPad』『アップルウォッチ』という感じで保険をかけることができます。Wi-Fi端末をたくさん持っている人にはかなりオトクな保険ということです。

 

アップルケアプラスに入るだけお金を払うことができればいいですが、ちょっと高すぎるけど保証は受けたい時に手厚い保証を受けることができるモバイル保険がおすすめです。

モバイル保険の申し込み

 

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • U-NEXTをテレビで見る方法は色々!スマートテレビじゃなくてもOK

  • 10代女子のダイエットは必要?無理な方法はしない方がいい理由

  • 【スイッチ】エラーが発生したためソフトが終了しました…を解決する

  • 夏休みの宿題は親は口出しをしない。親の課題じゃないでしょ…。

合わせて読みたい記事

  • AndroidからiPhone7へジェットブラックにしなかった理由

  • iPhone7よりもAndroidが使いやすいところってどこ?

  • iPhoneXの画面の大きさは?サイズ比較をiPhone7としてみた

  • iPhone7のiMovieが凄い!旅行に行ってもiPhoneあればスライドショーが簡単にできちゃう

  • iPhone7の良さが光るスマホケースと液晶保護シート

  • iPhone7をiOS11へ!ここが変わって使いやすくなった!