1. TOP
  2. iPhone
  3. iPhoneXのインカメラがスゴイ!自撮りもいい!実際に使って確かめてみた

iPhoneXのインカメラがスゴイ!自撮りもいい!実際に使って確かめてみた

 2017/11/12 iPhone
この記事は約 6 分で読めます。 2,944 Views

 iPhoneXになって、FaceIDが採用されたこともあり、カメラの機能がこれまでのiPhoneの中で一番パワーアップしています。

また、これまでになかった前面カメラ(インカメラ)を使ってポートレートが使えるなど、機能が盛りだくさん!

iPhoneXのカメラとこれまでのiPhoneのカメラを比較してみました。

iPhoneのカメラの性能差iPhoneXとiPhone8・iPhone8Plus・iPhone7Plusで比較してみた。

iPhoneXのカメラとその他iPhoneのカメラの性能を、スペック表から比較してみます。

iPhoneの背面カメラ比較

  iPhoneX iPhone8Plus iPhone8 iPhone7Plus
画素数 1200万画素 1200万画素  1200万画素 1200万画素
カメラ

広角カメラ

望遠カメラ

広角カメラ

望遠カメラ

カメラ

広角カメラ

望遠カメラ

F値 広角:ƒ/1.8の開口部
望遠:ƒ/2.4の開口部
 広角:ƒ/1.8の開口部
望遠:ƒ/2.8の開口部
 ƒ/1.8の開口部  広角:ƒ/1.8の開口部
望遠:ƒ/2.8の開口部
 手ぶれ補正  デュアル光学式  光学式  光学式  光学式
 光学ズーム  ◯  ◯  ✕  ◯
 デジタルズーム  10倍 10倍 5倍  10倍
 フラッシュ  クアッドLED True Tone  クアッドLED True Tone  クアッドLED True Tone  クアッドLED True Tone
 スローシンクロ  ◯
 ポートレートモード  ◯
ポートレート
ライティング

スペック表での、カメラの大きな差はそれほどないですが、iPhoneXは望遠で、F値が2.4と一番絞ることができます。

また、手ブレ補整はiPhoneXだけデュアル光学式になっていて、望遠側のレンズでも手ブレ補正が機能してくれます!

ポートレートモードはiPhone Plusシリーズについていて、ポートレートライティングがiPhoneXとiPhone8 Plusに採用されています。

iPhoneの前面カメラ比較

  iPhoneX iPhone8Plus iPhone8 iPhone7Plus
画素数 700万画素 700万画素  700万画素 700万画素
カメラ  TrueDepthカメラ FaceTime HDカメラ  FaceTime HDカメラ  FaceTime HDカメラ
F値 ƒ/2.2の開口部  ƒ/2.2の開口部  ƒ/2.2の開口部  ƒ/2.2の開口部
 フラッシュ  Retina Flash Retina Flash Retina Flash  Retina Flash
 ポートレートモード
ポートレート
ライティング

フロントカメラの違いはiPhoneXだけ、TrueDepthカメラだということです。

iPhoneXのTrueDepthカメラの特徴は、前面カメラと赤外線カメラ・環境光センサー・ドットプロジェクタ等を含めたシステムのこと。

FaceIDに対応させるためにTrueDepthカメラが採用されています。

そして、iPhoneXのみ前面カメラ(インカメラ)でもポートレートモードで撮影することができ、ポートレートライティングにも対応しています。

iPhoneXにしかないインカメラ自撮りポートレートモードを撮影するとこんな感じに撮影できた

iPhoneXで追加された機能は自撮りのポートレートモードです。

iPhone7Plusは初めてデュアルカメラを搭載して、ポートレートモードが搭載されました。

ポートレートモードで撮ると一眼レフでとった写真のように背景をキレイにぼかすことができるんです。

そのポートレートにiPhoneXはさらに機能が追加されました。

それが、自撮りのポートレートモードとポートレートライティングですね。

この機能が追加されることで、自撮りをしても背景をぼかす、プロみたいな写真をiPhoneで撮ることができるんです。

iPhoneX・iPhone8Plusから搭載されたポートレートライティングとはどんな機能

ポートレートライティングを使うと色々な照明の効果が得られます。

※iPhone8Plusのポートレートライティングは背面カメラのみです。

ただ写真をぼかすだけじゃけなくて、色合いを加工することで、よりきれいな写真を撮影することができます。

ライティングの効果は次の5つから選ぶことができます。

自然光(加工なし)

スタジオ照明

輪郭強調照明

ステージ照明

ステージ照明(モノ)

iPhoneを持っていると、自撮りもどうやってとるか選択の幅が広がりました!iPhoneがあれば本当にデジカメ(コンデジ)はいらないですね。

このポートレートライティングは、背面カメラのポートレートモードでも使うことができますよ。

実際に自撮りのポートレートモードで撮影するとこんな感じ。ポートレートライティングでの写真の違いも比べた

前面カメラを使って、ポートレートモードでモデルのクマのぬいぐるみで撮影をしてみました。

自然光

背景がボケた写真を撮ることができますね。

スタジオ照明

自然光に比べると、全体が暖かく明るい色合いが出た印象を受けます。

輪郭強調照明

輪郭強調照明は明るさを調整して、効果的に影を作るってことですが、ぬいぐるみだからかそれほど効果はわかりませんね。

自分の顔でも試して見たんですが、はっきりとした違いがわかりませんでした。

ステージ照明

ステージ照明は背景が完全に真っ黒になって、顔が強調されますね。

ぬいぐるみだと顔がちゃんと認識されないので、ちょっと違和感のある写真になりましたが、人でやるとキレイに背景が黒くなって顔が強調された写真が撮れます。

ステージ照明(モノ)

ステージ照明のモノクロバージョンです。

どこで写真を撮るのかでも効果が変わってくるかもしれませんが、自撮りまでこんなきれいな写真が撮れるのはスゴイことですね。

 

これまではiPhone7Plusを利用していたので、iPhoneXとのカメラの性能の差がどれだけあるのか色々なシチュエーションで撮影し比較していきます!

\ SNSでシェアしよう! /

Look for the topicの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Look for the topicの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 都会住みでもスタッドレスタイヤは買うべき。雪が降ったら乗るな

  • アロマオイル(精油)を飲用するなんてやめたほうがいい

  • 大阪で昼間にホテルを利用(デイユース)利用できる時間ごとにまとめました

  • 緊急時にiPhoneで警察・救急に簡単に連絡する方法

合わせて読みたい記事

  • iPhoneXの画面の大きさは?サイズ比較をiPhone7としてみた

  • AndroidからiPhone7へのデータ移行は意外と簡単!

  • iPhone7のスクリーンショットが簡単ショートカットキーが便利

  • iPhoneのバッテリー交換は急がなくてもいい?どのタイミングで持っていく?

  • iPhone7でiCloudを使うと容量が足りない時に確保する方法

  • AndroidよりもiPhone7の方が使いやすいのところはどこ?