ワタシはappleのホームーページのiPhone7を見て、欲しい!と直感で思ってしまい、AndroidスマホからiPhone7へ持ち変えることにしました。

iPhone7は格安SIMで使う

Android時代からそうですが、スマホは1日中、4G通信をハードに使っている人じゃなければ、ドコモとかauとかのキャリアに契約して使うのはもったいないです!

だって、Androidをauで使うと、7,000円ぐらい払っていたのに、格安SIMに変えたら月に2,000円ですよ。(2台持ちちしてますが)

家ではWi-Fiで使って、外に使うときだけスマホを使うなら、それほど容量は必要ないです。容量が必要そうなものは家でダウンロードすれば、お外でたくさんのデータを使うことはほぼありません。

なので、ライトユーザーならば、絶対に格安SIMでiPhone7を使うほうがお得!

格安SIMでAndroidからiPhone7も簡単にデータ移行ができる

Android同士の機種変だと、データーをmicroSDに入れて、入れ替えるだけなので、そんなに、面倒ではないんですよね。

写真なんかのデーターは本体に保存せずに、microSDに保存してますし、住所録とかメールなんかも、microSDに簡単にコピーできるので、コピーしたmicroSDを新しいAndroid端末に入れてしまえばおしまい!超簡単です。

AndroidからiPhone7にデータを移すのはどうかな…って若干不安だったんですが、これも簡単にできます。

最初にAndroidにiOSに移行とうアプリをインストールします。Playストアで検索したらすぐにでてきます。

android

このアプリをAndroidにインストールしたら、iPhone7を起動します。最初なので、言語・Wi-Fi・キーボードなどなどの設定が終わるとデータ移行の画面がでてきます。

ikou1

iPhoneの初期設定の時にちゃんと、Androidからデータを移行という選択肢が出てきます。AndroidからiPhone7に移行できるデータは、『googleアカウント』・『ブックマーク』・『連絡先』・『カレンダ-』・『カメラロール』この5つを選択することができます。

そのままデータ移行の画面をすすめていくと、パスコードが表示されるので、このパスコードをAndroidの端末に入力します。

ikou3

続いてAndroidでiOS移行のアプリを起動させます。次の流れで画面がすすみます。

ikou5

ikou6

最後に先程iPhone7で表示させた、パスコードを入力します。

ikou7

コードを入力したら、iPhone7にでのデータを転送するのか選択すると、iPhoneへのデータ移行が始まります。

img_7486

数分でデータ移行が完了します。写真のデータなどがAndroidにたくさんあると、転送までに時間がかかりますが、気長に待つようにしましょう。

img_7490

これで、AndroidからiPhone7へデータの移行は完了しました。Androidでインストールしていたアプリも、iPhone7へインストールされていますが、ワタシの場合はすべてのデータではなかったです。

一部のアプリは手動でインストールしました。また、パスワードが必要なものなどは、アプリごとに再設定しないと行けないものもあります。

でも、よく使っているアプリはすぐにインストールされているかわかるし、逆に入れていても使っていなかったアプリが亡くなっていたら、ちょうど、端末の整理になっていいかもしれないです。

 

格安SIMでiPhone7に機種変したとしても、簡単にAndroidからデータ移行することができます。完全再現ではないですが、Androidで使っていたのと同じように使うことができます。

ゲームアプリなど入れている人は、アプリごとにデータ移行の設定をしないといけないものもあると思うので、それも忘れずにしてしまえば、iPhone7生活の始まりです!楽しみ楽しみ。