1. TOP
  2. ライフハック
  3. 運転動画を自分視点で撮るために買ったSONYのアクションカメラがよかった

運転動画を自分視点で撮るために買ったSONYのアクションカメラがよかった

 2019/02/17 ライフハック
この記事は約 5 分で読めます。 55 Views

運転動画をただ撮影するだけなら、ドライブレコーダーでも十分にその役割を果たしてくれます。

でも、ドライブレコーダーの運転動画はただ景色が流れて行くだけであまりおもしろくありません。

運転動画を見ていて面白いと感じるのは自分視点の動画ですね。

僕自身も視線からの運転動画を撮影したいと思い、機材を購入して撮影をしています。

結構きれいに運転動画を撮ることができています。その経験をもとに用意した機材や撮り方などについて書いていきます。

[quads id=1]

自分視点での運転動画を撮るために用意した機材

自分視点で運転するためには、アクションカメラとアクションカメラを頭に固定するアクセサリーが必要です。

アクションカメラはSONYのFDR-X3000を購入して、

頭に取り付けることができるユニバーサルヘッドマウントキットを購入しました。


自分視点で購入するにはこれらのキットが必要です。

アクションカメラの場合は、バッテリーが小さく連続撮影時間が1時間程度しかないので予備のバッテリーが必要です。

また、動画を撮影するために容量多めのMicroSDXCカードを用意しておきます。

SONYのアクションカメラFDR-X3000の場合は、4K撮影をすることができますが、最高画質で撮影する場合は MicroSDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I U3以上) が必要です。

SONYのアクションカメラ以外でも大丈夫

SONYのアクションカメラでなくても、アクションカメラで有名なGoProのHEROシリーズがあります。

帽子やヘルメットに付けることができるアクセサリーがあるので、GoProでもいいですね。

僕は音質と光学手ブレ補正がついているSONYのアクションカメラにしました。

SONYのアクションカメラを購入した理由はこの記事にも書きました。

SONYのFDR-X3000を購入した。最新のGoProHERO7を買わなかった理由

アクションカメラを買うのも、もったいない…。

そんな場合は、スマホのカメラを帽子や頭に固定できる。アクセサリーを購入するのもいいですね。

ただ、頭にスマホを取り付けても重たいと思うので、あまりおすすめはしません。画面の確認もできないですしね。

[quads id=2]

自分視点の運転動画にSONYのアクションカメラFDR-X3000の使い勝手は

自分視点の運転動画を撮るのにSONYのアクションカメラFDR-X3000はすごくいいです。

画質や音質共に満足ができるレベルで撮影することができます。

最近はドライブレコーダーをつけている車が多いと思いますが、ドライブレコーダーよりもSONYのアクションカメラの画質はかなりいいです。

また、音質もドライブレコーダーよりもかなりいいです。

FDR-X3000は画面を確認しながら撮影するにはスマホなどを使う

FDR-X3000本体には液晶画面がついていません

ライブビューリモコンという液晶画面がついているリモコンを使うことで画角の確認ができます。

ライブビューリモコンは、腕時計のようにして使うことができるので、頭にアクションカメラをつけていても、簡単に映像を確認できます。

ただ、このライブビューリモコンがついているだけで、13,000円ほど高くなるのが欠点…。

ただ、録画映像を確認するために13,000円を出したくないならば、スマホとWi-Fiで接続することで、スマホで録画映像を確認することができます。

運転動画を録画するのであれば、スマホと接続して、車のスマホホルダーに固定しておけば大丈夫です。

FDR-X3000は画角の確認が本体でできないのが欠点です。

でも、頭につけていたらどのみち画面は見えないので、スマホで確認できるほうが使い勝手はいいんですけどね。

頭にアクションカメラを取り付けると見た目が酷いのが欠点

頭につけるとこのような感じになります…。

頭がボサボサで見苦しくて申し訳ありません…。

写真の通りはちまきをしているような感じになって見た目は少し恥ずかしいのが欠点です。

ステイの部分がしっかりと固定できるのカメラの左右・上下・左右にスウェイと3方向に動かすことができるので、画角の調整は簡単にできます。

ただ、頭に長時間つけると、頭が痛くなることがありますね。

頭に締めつけ感があると、頭痛がするなどある場合は、 ユニバーサルヘッドマウントキット はおすすめできません。

キャップに取り付けるタイプのアクセサリーもあるので、キャップをかぶるならそちらの方がおすすめです。

自分視点で撮った運転動画はYouTubeでに使う

自分視点で撮った動画は自分の運転の技術を確かめたり、自分視線の旅行動画として楽しむことができます。

でもそれだけではなく、珍しい場所を走ったり車を実際に運転して感じをYouTubeで上げて共有するのも面白いです。

車を運転しながら何かの話をするっていう動画を作ってYouTubeチャンネルを作ったりするのも楽しいですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

Look for the topicの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Look for the topicの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、作業療法士は10年以上の経験があります。最近はメディカルで使うアロマの資格をとりアロマのある生活を送っています。自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • SONYのアクションカメラが使いやすいと思うところ

  • アクションカメラが激安だったからバングッド(Banggood)っていうネットショップで買い物してみた。

  • キャプテン翼が配信されていたので全話制覇した。

  • 2019年天橋立海水浴場の海水が汚くなったので来年は違うところに行くだろう…。

合わせて読みたい記事

  • マイナンバー制度の基本。知るべきポイントをバイキングで紹介

  • 業務用スーパーを活用するには鶏のムネ肉と大量買いがポイント

  • 貯金ができなくてヤバイ…こうすれば貯金できるよ。

  • 宝塚歌劇団雪組男役に差し入れ!絶賛の栄養ドリンク!!

  • 部屋干しすると臭い!生乾きの臭い原因と正しい対策で臭くならない

  • ジェットコースターに乗るなら前・後ろどっちが怖い?