1. TOP
  2. 血管の若返り!毛細血管のゴースト化を防いで美肌を保つには

血管の若返り!毛細血管のゴースト化を防いで美肌を保つには

 2017/06/18 健康な話題 美容な話題 身体の話題
この記事は約 8 分で読めます。 3,190 Views

ためしてガッテンやゲンキの時間など最近健康や美容のために知っておいたほうがいい情報として放送されているのが、毛細血管のこと。

共通して放送されていたのが毛細血管のゴースト化です。毛細血管のゴースト化を簡単に言うと、毛細血管がボロボロになって最後には、消えて無くなるっていうことなんです。

毛細血管がボロボロになると、シワやシミが増えたり、むくみや冷えの原因の1つになるって言われています。

なので、血流を良くして毛細血管を復活させることが健康や美容にも役立つことにもなります。

毛細血管とは?その役割を簡単におさらい!

毛細血管という言葉は知っていて、なんとなく、身体の先の方にある細い血管っていうイメージがありますよね。

だから、そんなにたいした血管ではないかなって思いがちなんですけど、毛細血管は全身の血管の99%も占めています

身体のたくさんの細胞へ栄養や酸素を運んでくれる大切な役割をしています。毛細血管だけでも10万キロメートルにもなるというんですから驚きです!

毛細血管の役割は?

毛細血管は、酸素を多く含んだ動脈と、二酸化炭素を多く含んだ静脈をつなぐ、細ーい血管です。網目状になっていて、細胞の表面から、臓器までを覆っています。肺では酸素と二酸化炭素を交換しますし、各細胞へ酸素と栄養を運んでくれています。

そんな、毛細血管の太さは0.005mmで動脈の1000分の1以下なんです。こんなに細いのに身体の隅々まで酸素と栄養を運ぶのはスゴイですよね…。

さらに、スゴイのが、毛細血管は酸素の足りない場所を見つけると、その場所まで、自ら伸びて、身体中に栄養と酸素を運びます。人が生きていくために重要な役割をしていることがわかります。

毛細血管は年齢とともに減る

毛細血管は若い時はたくさんあるのですが、20代と比べるて60、70になると毛細血管の量は4割も減少するんです。

特に、毛細血管が減っていくのは皮膚の表面。シミやしわなどの様々なトラブルの原因にもなりますし、肺や肝臓での能力も低下してしまうんです。

番組の中で、毛細血管の状態がわかる毛細血管スコープを使って10代~80代100人以上の毛細血管を調べているとわかったことは血管が見えなくなる、ゴースト状態の毛細血管の人もいたんです。

このような人は、最悪、血管も退化して、血管がなくなることもあるんです。

毛細血管がゴースト化するとどうなる

毛細血管は一つ一つの細胞が数珠つなぎのように連なってできています。

そのまわりを壁のように補強しているのが壁細胞です。壁細胞には血管の構造を丈夫に保つ役割があります。

毛細血管は周りの細胞に酸素や栄養を届けるため適度に、それらが漏れるようにできているですが、毛細血管がゴースト化していると、壁細胞が剥がれ、内側の細胞の接着がゆるんで必要以上に酸素や栄養が漏れるんです。

つまりは、大事な場所に酸素や栄養が届かずに、供給されないことになるんです。

血管がゴースト化するとお肌に悪影響が

血管がゴースト化すると、影響が出やすいのが肌なんです。酸素や栄養素が肌まで行き渡りにくくなり、コラーゲンを作る能力が低下するために、シミやシワ、たるみの原因になってしまうんです。

肌の外からケアするも大切ですが、毛細血管の数を減らさないようにすることも大切だということがわかります。

血管がゴースト化すると冷え性や免疫力低下にも

血液は酸素や栄養素だけではなく、熱も運んでいます。

そのため、毛細血管がゴースト化していると、体の末端まで熱が届きにくくなり、冷え性や免疫力の低下につながります。

 

毛細血管の状態を簡単に調べる!爪床圧迫テスト

5秒間爪の根元を指で押さえて離し、赤みが戻るまでの秒数を調べて毛細血管の状態を簡単にチェックします。

通常は赤みが戻るまで2秒程度です。2秒程度で戻らない場合は、毛細血管がゴースト化している可能性があります。

なぜ毛細血管がゴースト化するのか

毛細血管がゴースト化、つまり、毛細血管の細胞のつながりが弱くなって、必要以上に広がった状態です。なぜこのような状態になってしまうのでしょうか?それは…。

  • 加齢
  • 血糖値が上がっていたり、コレステロールの上昇が血管の細胞にダメージを与える

加齢に関してはなかなか厳しいですが、糖尿病や脂質異常症なんかは血管にとっては優しくないことがわかりますよね。健康な状態を保つことが大切なんです。 

こんな事で毛細血管にダメージを受けることがある。激しい運動が毛細血管に悪影響

7c62984f5b0b700e7602055a672d0b14_s

体に気を使って、少しでも若い状態に保ちたい…。そう思って激しく筋トレをしている人もいると思います。でも激しい筋トレをしすぎるのは毛細血管には悪影響が及ぶと大阪大学微生物研究所の高倉伸幸先生は話します。

それは、活性酸素が原因。激しい運動をすると活性酸素が体内に増えます。その活性酸素が毛細血管にダメージを与えてしまうんです。

毛細血管に悪影響を与える食生活はAGEの摂り過ぎ

AGEというのは、糖とタンパク質が加熱されてできる物質です。動物性脂肪を加熱した食品に多く含まれ、約7%が体内に蓄積され、毛細血管に悪影響を及ぼします。

唐揚げとか、ポテトフライ、ステーキなどにAGEが多く含まれるっていうことになります。AGEについてはこちら『ひるたつ!AGEが老化を早める、食べ物に気をつけて若さを保つ』をごらんください。

毛細血管が衰えているサインってわかるの?

こんな毛細血管が衰えてているサインはむくみです。皮膚の下の毛細血管で漏れが起こると、むくんでやがてたるみに…

毛細血管が衰えると健康にも美容にも悪いことがわかります。

血管の若返り!毛細血管のゴースト化を防いで、毛細血管を増やす方法

加齢などが原因で減ってしまう毛細血管ですが、毛細血管には血管新生と呼ばれる、新たに血管を伸ばすメカニズムがあります。

血管の漏れを防ぐようにするためには血流を上げることが大事なんです。血流があがると、細胞が密着して、血管の余分な穴を塞いででくれます。

細胞は血液の流れを認識すると細胞同士がくっつく作用が働くんです。

毛細血管を若返らせるために!血流を上げる方法は

血流を上げて毛細血管を復活させる方法を3つ紹介します。

お風呂に入る

自分が良い温度だなって思う温度、おすすめは、40℃~41℃に10分間肩までつかることです。汗をかいたぶんだけ水分を補給するようにしましょう。

これだけでも血流はアップし、毛細血管の量は8%アップしました。

ウォーキング(インターバル速歩)

3分ゆっくり歩き、3分間早歩きするというのを繰り返す方法です。これで毛細血管の量は27%アップしていました。

インターバル速足は2016年熱中症に注意!10日間で暑さに強い体を作る方法とはに詳しくやり方を書いてます。

その場スキップ

もっとも効果のある方法がその場スキップ。

第二の心臓と呼ばれるのがふくらはぎの筋肉。スキップするとふくらはぎの筋肉のポンプ作用で溜まった下半身血液が上がっていきます。すると全身の血流がよくなるわけです。

その場スキップは1度に20回、これを朝・昼・晩の3回するようにします。

現代人は座りがちで下半身の血液がたまりやすい状態になっています。朝・昼・晩の3回小まめにスキップをすることで、下半身の血液の流れを良くしてあげるのが大切なんです。

他にもその場でかかとの上げ下げを1回に20~30回を朝・昼・晩の3回する方法でもOK。信号待ちなどでもできるので、どこでも簡単にすることができます。 

これらの運動をすることで、毛細血管の量がアップします。毛細血管の量がアップすればアンチエイジングにも、健康にも役立つんです。

是非試してください!

シナモンにを摂る

シナモンを摂ると、毛細血管の老化を防ぐことができるということが、最近の研究でわかってきているんです。

シナモンを摂って、毛細血管が老化しないというポイントは桂皮。

桂皮と言うのは、クスノキ科トンキンニッケイやその他同属植物の樹皮を乾燥したものです。

https://takeda-kenko.jp/kenkolife/encyclopedia/illustrated/keihi.htmlより引用

桂皮には毛細血管の漏れを90%以上抑えるという研究があるんです。桂皮には毛細血管にある受容体Tie2というものがあります。

このTie2を活性化させて、細胞通しをくっつけて毛細血管の構造を安定化させる働きをもっているんです。なので、歳をとっても毛細血管を若く保ってくれるんです。

1日にたった0.6gでいいので、コーヒーなどの少し入れて飲むといいですね!摂り過ぎには注意してください!

ルイボスティーも毛細血管の若返りに役立つ

ルイボスティーも毛細血管の若返りには一役買ってくれます。

ルイボスとは南アフリカ共和国を原産とするマメ科の植物です。ルイボスの葉を発酵、乾燥させて茶葉として利用したものがルイボスティーです。

ルイボスティーは健康に良いとして、南アフリカの他にもオランダやイギリスなどでも古くから飲まれていたといいます。ルイボスティーはカフェインを含まず、マグネシウムやカルシウム、亜鉛などのミネラルを多く含み、老化の原因となる、血管の酸化を防ぐポリフェノールも豊富に含まれています。

そして、このルイボスティーには、毛細血管のゴースト化を防ぐTie2を活性化する成分が多いんです。シナモンが苦手な人は、ルイボスティーがおすすめです。

普段飲んでいる飲み物をルイボスティーだけに変えるだけでいいのでそれほど苦痛もないですしね。

これも、シナモン同様摂り過ぎには注意してくださいね!

>>1日約46円でルイボスティーを試してみる

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。


この人が書いた記事  記事一覧

  • iPhoneXにアップルケアはつけたほうがいい?何がメリットなの。

  • 2018年の運気をアップするための6つの方法

  • iPhoneXを安く使うためには格安SIMで運用した方が安いのか?

  • 風邪の予防をしよう!医者もしている7つの方法とは

合わせて読みたい記事

  • 腰痛の原因はハムストリングスにあり。タイトハムとは?

  • がん予防・長生きのための最強の食べ合わせ!これを食べて健康に

  • エリカ・アンギャルが実践中の美容法!真似して美しい体になろう

  • 秋が旬のサンマ!青魚を食べて体を健康にして認知症を予防しよう

  • ひるたつ!ベリー(カシス・マキベリー)はダイエット・美容に効果あり

  • 肩こりを解消するのにもみほぐしは危険!ラジオ体操をしろ!