1. TOP
  2. 5000歩歩くと認知症が予防できる?その根拠とは。

5000歩歩くと認知症が予防できる?その根拠とは。

 2015/09/06 身体の話題
この記事は約 4 分で読めます。 1,151 Views

9月6日放送の駆け込みドクターで足の特集がされていました。人が生きていく上で重要な足。足は様々な健康の情報を自分自身に提供してくれる大切な場所です。

そして足を使って歩くことで、認知症まで予防できるというのです、その根拠は一体…。

そんな疑問についてまとめてみました。

ストレスが溜まると足が臭くなる

足が臭くなる大きな原因は汗なんです。汗のせいで靴や靴下が蒸れるとそこに細菌が増殖して臭いが発生するのです。

特に足の裏は手や脇のように汗腺が多いので汗をかきやすいのです。

多い人では足汗だけで1日200mlも汗をかくのだそうです。

汗緊張や興奮などでストレスがおこると交感神経が活発になり、精神性発汗により汗の量が増えるのです。すると最近の増殖がすすみ足の臭いがきつくなるのです。

「あら…なんか足の裏がいつもより臭い…」

なんてことがあったらストレスが溜まっている合図なのかもしれません。そんな時はきを休めたり好きなことをしたり、ストレスを解消してあげるのがいいのかもしれませんね。

身長が同じ場合胴長短足な人のほうが心臓病の人のリスクが高い

イギリスのブリストル大学の研究によると、足の長さが1.3cm短くなるごとに心臓病のリスクが10%づつ高くなるそうです。

この研究は心臓病にかかった人の体型と血管の関係を調べたもので、足が短い人ほど血管の壁が厚くなっているということがわかり、動脈硬化が進行しやすい危険性が高まることのです。

コレばっかりはどうしようもないですが、胴長な人はこういう傾向があることを知っておいた方がいいのかもしれません。

1日5000歩歩くと認知症が予防できる

何故5000歩歩くと認知症が予防できるのか…。それを実際に研究しているグループがあるのです。

その研究は群馬県の中条町で行われていました。研究対象になるのは65歳以上の全住民5,000人です。その被験者の一割の人は入浴中以外身体活動計を常に着用しているのです。

この研究は中之条研究と呼ばれ2000年から実施されています。1日の歩数と速歩き時間を計測し健康維持や病気予防との関連を調査しているのです。

研究の結果をまとめているのは東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利先生です。

客観的・正確なデータをとっているから1日に何歩でどんな病気が予防できるかが20種類の病気症状についてわかってきたのです。

10年以上5千人分の高齢者の活動データを集計した結果

20種類の病気の予防ライン・1日の平均歩数と中強度(速歩き)の運動時間を設定。

その結果以下の様な関係がわかってきたようです。

歩数 中強度の活動時間 予防できる病気・症状
2000 0分 寝たきり
4000 5分 うつ病
5000 7.5分 認知症・心疾患・脳卒中・要支援・要介護
7000 15分 がん・動脈硬化・骨粗しょう症・骨折
7500 17.5分 筋減少症・体力の低下
8000 20分 高血圧症・2型糖尿病・脂質異常症・メタボ

歩くとしっかり負荷をかけて歩くを実践すると色々な病気を予防することができるのですね。現代人は本当に歩かなくてもよくなってしましましたからね…。

歩くことで心臓から血液を流すだけではなく足の筋肉で足に溜まった血液を戻すことで、脳の血流をよくすることができるということなのです。

最後に

中条町でやっている実験では有意義な結果になっていますよね。歩く根拠にもなると思います。ただ、中条町は自然が多く含まれていて歩いていると緑が目に入り、自然の音が聞こえてきそうな様子でした。

コレを都会でやって同じ結果を出すことができるのか?その辺りも知りたいところです。しかし人間は移動手段に2足歩行を選んだ以上、生きていくためには歩くという行為がそれだけ大切なことということなのですね。

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • グランツーリスモSPORTのVRとハンコンを使ってプレイできない。VRはきつかった

  • デブ菌を減らして痩せ菌を増やすと痩せる?もち麦とおすすめのサプリ!

  • スマホの使いすぎで手・手首が痛い原因に。持ち方の工夫で解消できる

  • 運動が続けられるコツは必死に筋トレをしないこと!脳をだませば続けられる

合わせて読みたい記事

  • ヒートショックを防ぐ新常識。体に負担をかけない入浴法

  • 秋が旬のサンマ!青魚を食べて体を健康にして認知症を予防しよう

  • 初耳学ささみ・糖質制限ダイエット・空腹時のダイエットは痩せない

  • 冷水で洗顔をしても毛穴は引き締め効果なし。肌を痛める原因にも

  • 睡眠をしっかりとるとお肌に効果が!正しい睡眠の方法とは

  • ひるたつ!食べて痩せることができるダイエット鍋。オススメの食材は