1. TOP
  2. DIYでできるコーティングピカピカレインまじヤバイ!

DIYでできるコーティングピカピカレインまじヤバイ!

 2018/01/13 車の話題
この記事は約 9 分で読めます。 147 Views

汚い車をみると、洗車しないとって思うんですけど、外が寒かったり、なんか時間がもったいなかったりで洗車はなかなか面倒。

だから定期的にディーラーで撥水洗車してもらってたけど、汚れが落ちていないところに撥水剤を塗られているところを発見…。

うーん1回3,000円払ってるのにこれは酷いぜ…。

満足な洗車をするためにはやはり自分で洗うしかないのか…。

自分で洗うしかないんだ!ってことで、DIYでコーティング剤を塗ることにしました。

使うコーティング剤は車の汚れが落としやすくなるで評判のピカピカレインというやつです。

DIYでコーティングをするとお店でコーティングするのと比べてどれぐらい料金が違うのか?自分でコーティングをして本当にピカピカになるのか書いていきます。

まずはディーラーの洗車に期待をしてはいけない理由から。なぜちゃんと汚れが落ちていなかったのか?

DIYでコーティングしようって思ったのは、ディーラの撥水洗車が雑だったから…。洗車が終わった後

  • ボディーの下側の汚れがぜんぜん落ちていない…。
  • ブラスチック部分が傷だらけに…。

って結果だったんです。

1回3,000円も払うんだから丁寧にしてほしいなって思ったんだけど、毎回洗車してもらってこんなに雑だったのは初めてだったから、文句はいいませんでした。

よく考えてみたら、洗車を任せてもそりゃ~キレイにならないよね…。

ディーラで洗車を頼んでも洗車のプロが洗ってるわけではないこと忘れてた

ディーラーで洗車を頼むと車を洗ってくれてるのは整備士さん。

自分のメーカーの車の整備に関してはプロなんだから丁寧な仕事がしやすいんだろうけど、車洗うことのプロではないですよね。

洗車屋さんなわけじゃないですし。機械洗車でも1,000円ぐらいかかることを思うとまぁそれほど期待はできないのかなって気づきました。

キレイに洗車してコーティングしてもらうにはプロに頼むしかないんですよね~。

洗車専門店の場合はどれぐらいで洗車してくれる?

洗車専門店にいけば、まさしくプロが車を洗ってくれます。

手洗い洗車専門店のkeeperだと手洗い洗車をしてもらうとこれぐらいのお値段です。

  • SSサイズ 2,160
  • Sサイズ   2,280円
  • Mサイズ 2,550円
  • Lサイズ  2,800円
  • LLサイズ   3,180円

そんなに高くないんですよね。撥水洗車とかでなければ、ディーラーの洗車の値段とそう変わりません。

ただポリマーコーティングをしてもらうと

  • SSサイズ   5,600
  • Sサイズ  6,000
  • Mサイズ   6,600
  • Lサイズ     7,100
  • LLサイズ  8,200

なかなかいいお値段になります。

プロが洗車して、コーティング剤なんかも独自のものを使うとなるとやっぱり値段はこれがぐらいするもんなんですね。

しかも、keeperが推奨しているのは3ヶ月に1回ポリマー洗車なので、なかなかの出費になってしまいます。

この値段をみるとディーラーの撥水洗車にはそんなに期待できないなってことがわかりました。

頻繁に洗車に持っていくのはめんどくさい!コーティングをしてもらうとどれぐらいかかる?

なるべく、ピカピカの状態を保ちたいし、新車に乗り換えたら、新車の輝きをなるべく長く継続させたい!

じゃあコーティングをすることが手入れも楽だし、汚れも落ちやすそうだし良さそう。そのお値段はいくらぐらいかと言うと

1年効果が持続クリスタルキーパー

  • SSサイズ 16,300
  • Sサイズ 18,300
  • Mサイズ 20,400
  • Lサイズ 22,400
  • LLサイズ 26,500

2層のコーティング層で1年間洗車だけでOKというやつです。効果を持続するためには毎年クリスタルキーパーをすることがいいってことです。

3年効果が持続ダイヤモンドキーパー

  • SSサイズ 46,600
  • Sサイズ  51,500
  • Mサイズ 56,500
  • Lサイズ  60,200
  • LLサイズ 66,300

2層のコーティング層ですが、クリスタルキーパーと比べるとガラス被膜が高密度。3年間洗車だけのノーメンテナンスでも効果が持続するのがいいところ。

3層の膜でガラスの様な透明感Wダイヤモンドキーパー

  • SSサイズ 67,500
  • Sサイズ 74,700
  • Mサイズ 81,900
  • Lサイズ 87,200
  • LLサイズ 96,200

高密度ガラス被膜が2層になるから、さらにツヤが生まれるんですね~。

こうやってみると、洗車専門店でコーティングしてもらうとなるとなかなかのお値段がかかってしまいます。

クリスタルキーパーで毎年に20,000円ぐらいのお金を払うのもしんどいし、一括で60,000円前後のお金を払って3年間もキツイ…。

車をキレイに保つためにはお金をしっかりと払う必要があるってことですね!

プロに洗車とコーティングをしてもらうお金がしんどければDIYしかない!

keeperに持っていくと満足のいくピカピカの車になるんだろうけど、金銭的にしんどいし、ディーラだと汚れが残ったイマイチな洗車で終わってしまう。

なら、自分で洗車をしてコーティング剤を塗ってピカピカにするしかない!

自分ですれば、責任は自分だし、愛車だから誰よりも丁寧にできる気持ちは負けない。だからベストは自分でコーティングをすることだって信じて、必要な道具を揃えました。

DIYでコーティングする時に少しでもキレイに仕上げるにはプロの道具を使う

DIYでコーティングする時には道具にこだわることが大事でしょ。洗剤とか道具がしょぼいと上手くいかないんですよ。

だからプロショップkeeperで使われている道具をamazonで揃えました。

keeperのムースシャンプー

カーコティング剤にも使えるカーシャンプーです。

キーパープロショップでも使われているカーシャンプーなので、安心して使うことができます。プロの洗車を真似るにはカーシャンプーからプロ仕様の物を使いたいですよね。

by カエレバ

ラ・モップⅡ

カーシャンプーをプロ仕様の物を使っても、洗うスポンジがしょぼければ意味がありません。

いいシャンプーを使って、スポンジでゴシゴシこすってたら傷になっちゃいますもんね。だから、keeperで洗車をする時に使われているモップ、ラ・モップⅡを使います。

ラ・モップⅡはオーストラリア産の羊毛を使用していて、シャンプーの泡立ちもよく優しく洗うことができるので、傷がつきにくいんですね。

by カエレバ

爆白ONE

これもkeeperで使われているクリーナーですね。

コーティング剤を塗る時は、下地処理を丁寧にやることで、仕上がりがキレイにできます。

シャンプーだけではとれない水垢汚れを落とすために、爆白ONEを購入しました。余分なコーティング剤を落とせるだけのパワーがあるクリーナーなので、下地処理にもってこいです。

ただ、僕が買ったのは3Lサイズで、個人で買うにはちょっと量が多い(汗)

小分けタイプを買うことをおすすめします。

by カエレバ

ピカピカレインプレミアム

コーティング剤はピカピカレインプレミアムにすることにしました。

撥水タイプのコーティングだと、屋外に駐車していると、ボディーについた水が蒸発してイオンデポジットになりやすいんですよね。

これができるとやっかいで、見た目は汚いし、洗ってもぜんぜん落ちない…。

フィットで撥水洗車をしていた時は、まぁイオンデポジットが酷かったです。

なので、水滴がボディーから滑り落ちてくれる、滑水性っていう言葉に惹かれてピカピカレインプレミアムを使うことにしました。

by カエレバ

 キーパークロス

コーティング施工車の洗車後の最終拭き上げに最適なキーパークロスも購入して見ました!

by カエレバ

DIYでコーティング!ピカピカレインを塗る手順

ピカピカレインを塗って滑水性を出すには下地処理がすごく大事です。

① まずは水を使ってドロとか砂とかを丁寧に落としていきます。

② ホイール用のスポンジを使ってホイール周りをシャンプーでキレイに洗って水で流します。

③ 丁寧にドロとか砂を落としたら、ムースシャンプーとラモップを使って、しっかりと泡立たせて優しくボディーを洗い、水でシャンプーを流します。

④ ボディーが濡れたまま爆白ONEと爆白ONE用のスポンジを使って、水垢を徹底的に落とします。スポンジをゴシゴシするのではなく優しく洗います。

⑤ 爆白ONEで2回ボディーが洗えたら丁寧に水を流して、爆白ONEを落とします。

⑥ キーパークロスを使って、水分を徹底的に拭き取ります。ドアの間、ミラーの間など水分を徹底的に除去します。

⑦ 完全に車が乾いたらピカピカレインを塗っていきます。ピカピカレインを上手く塗るコツは付属のスポンジに2.3滴たらして、丁寧に伸ばしていくことです。そして、ボンネット半分ぐらいの面積を塗ったら拭き取っていきます。乾くとムラになる可能性があるので、少しずつ塗っていくことが大事です。

作業した車はオデッセイハイブリッドですが、全部の行程が終わるのに4時間半ぐらいかかりました(汗)

なかなか大変でしたが車はピッカピカになりましたよ!

コーティング剤を塗った後は12時間水に濡れるとダメなので、冬場は晴れた日の午前中に作業することがおすすめです。

で、実際に汚れは落ちやすいのかも実験してみましたが、まじで汚れが落ちます。

ちょっとした汚れなら水を流すだけでキレイに落ちたのでびっくりしました。DIYでするコーティングなんて大したことないと思ってましたけど間違ってましたね。

DIYでコーティングする時にピカピカレインおすすめできます。

ピカピカレインの詳細はココから

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 手荒れがひどい時にアロマワセリンを使うとすごくいい!作り方を紹介

  • 冬の手荒れを防ぐためのプロに学ぶ方法

  • N-BOXの安全性は高い。安心して乗れる軽自動車

  • amazonプライムビデオでおすすめドラマはコレだ!

合わせて読みたい記事

  • 初めて車でスキー場に行く時にスタッドレスタイヤは必要か

  • アルトワークスとS660を比較してみた。どちらが買いなのか?

  • スタッドレスタイヤブリザックにするかアイスガードにするか比較した

  • S660のトランクの問題は解消できるのか。ルーフキャリアはあり?

  • 子供のエアバックの事故で母親有罪に…。車のどこに子供を乗せるべきか

  • 道の途中でガス欠!そんな時簡単に車を移動させる方法