1. TOP
  2. ETC2.0にはどんなメリットがある?渋滞回避にも役立つ

ETC2.0にはどんなメリットがある?渋滞回避にも役立つ

 2016/03/25 車の話題
この記事は約 4 分で読めます。 838 Views

今やETC搭載は当たり前になっていますよね。

ETCがついていないもしくはETCカードを忘れた時は、現金で支払わないといけない…

本当に面倒ですよね。今やETC搭載は当たり前!

そんな当たり前になったETCにバージョンアップしたETC2.0というものが登場しているのです。

23208e9ae634508bd40c516ebbb6a929_s

ETC2.0とは

今までのETCは料金の支払いなど料金のやりとりのみに使われていましたよね。

ETC2.0は料金の支払いだけではなく、渋滞の情報や災害の情報、道路情報などを受信することができるのです。

ETC2.0を使うには?

ETC2.0を使うためには従来のETCの車載器では使えません。ETC2.0に対応した車載器を購入する必要があります。

ただしDSRCに対応している車載器を持っている方は再セットアップをするだけで、ETC2.0のサービスを受けることができます。

情報はどのように表示される?

ETC2.0で受信した情報がどのように表示されるのかも気になりますよね。これは、搭載する車載器によって違います。

  • カーナビに連動した車載器
  • 発話型ETC2.0車載器
  • スマートフォン連動型ETC2.0 車載器

この3種類があります。

発話型のETC2.0は画面がないのでわかりにくいかもしれませんが、カーナビなどを使わない方にとっては便利がいいですね。

また、最近ではスマートフォンで十分カーナビの役割を果たしてしまうので、カーナビを持たない人も多いはずです。

そんな人はスマートフォン連動型を買ってアプリを入れれば、スマートフォンで音声や画像が再生されるので、スマートフォン連携型の購入がおすすめになりますね。

情報はITSスポットで受信する

ETC2.0では高速道路上を中心に設置されたITSスポットで情報が受信されます。

サービスエリアでもITSスポットの駐車スペースを見ることがありますよね。

ETC2.0 のメリットは

これまでのETCからETC2.0にお金を払って乗り換えるわけですから、

それなりのメリットが必要ですよね。ETC2.0にはどんなメリットがあるのでしょうか?

ETC2.0で渋滞回避

ETC2.0というのは高速道路を走行中ルートの選択肢が多数ある場合、

リアルタイムの交通状況を計算してどのルートを通ると到着が早いのかということを計算して提供してくれます。

従来の渋滞情報は都道府県単位に情報を提供していたのに対してETC2.0は1,000キロの広域渋滞情報をリアルタイムで提供してくれるのです。

全国1600ヶ所の通信ポイントから情報を集めてビッグデータのやりとりが可能になったのです。

国土交通省も今年度からETC2.0を搭載した車が渋滞を避けるために一旦高速道路を降りて一般道を通行。そしてまた高速道路に戻った時に追加料金がかからないようにするなどの様々な割引も検討しているようです。

ETC2.0を搭載することで渋滞回避が積極的にできる可能性が高くなりそうです。

ETC2.0で道路情報を表示できる

高速道路のブラインドカーブの先で渋滞がよく起こっているところは、事故多発などの情報を教えてくれたり、

渋滞状況や道路の情報を画像で確認することができます。

先の道路の情報を知ることで事故を未然に防ぐのに役立ちますよね。

ETC2.0専用レーンができる

現行のETCは20㎞/hの速度制限がありますよね。

ETC2.0専用レーンができると、その速度制限がなくなる予定です。

どのような形のサービスにするのかわかりませんが、ETC2.0 専用レーンを作ることで、

ET2.0をもっと普及させようという考えなのでしょう。

民間でのサービスも検討中

これは、まだまだ、検討段階のことですが、コインパーキングなどの駐車料金のやり取りができる。

マクドナルドなどのドライブスルーの料金の支払いができるようになる。

ガソリン料金の支払いができるようになるなど、

車に乗っていて煩わしい支払いがどんどん楽にできるようになる計画のようです。

ETC2.0車載器の値段はいくらぐらい?

ETC2.0車載器の値段はものによってまちまちですが16,000ぐらいから30,000円ぐらいの間ですね。(amazonで調査)

お安い値段ではないんので、今付いているETCから買い換えるとなると、ちょっと迷うところですよね。

パナソニック(Panasonic)
ETC2.0 (DSRC)
車載器 CY-ET2000D

新品価格
¥15,800から
(2016/3/25 23:05時点)

デンソー(DENSO)
GPS付発話型
ETC2.0車載器

新品価格
¥27,881から
(2016/3/25 23:06時点)

まとめ

ETC2.0は渋滞回避などメリットがありますが、今付いているETCを買い換えるとなると、

ちょっと腰が重たいとこですが、カーナビを買い換えるタイミングや、車を買い換えるタイミングではETC2.0にしておいたほうが良さそうです。いずれはほとんどがETC2.0になるでしょうから。

スポンサードリンク

おすすめ記事

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • グランツーリスモSPORTのVRとハンコンを使ってプレイできない。VRはきつかった

  • デブ菌を減らして痩せ菌を増やすと痩せる?もち麦とおすすめのサプリ!

  • スマホの使いすぎで手・手首が痛い原因に。持ち方の工夫で解消できる

  • 運動が続けられるコツは必死に筋トレをしないこと!脳をだませば続けられる

合わせて読みたい記事

  • 新型フリードを少しでも安く買う方法とは!

  • S660を100馬力仕様にするといくらかかる?

  • オートライトが義務化。ハイビームの自動切り替えもしてほしい

  • S660のトランクの問題は解消できるのか。ルーフキャリアはあり?

  • FIT3のビッグマイナーチェンジ。見た目と中身どこが変わった?

  • ハイブリッドとターボどっちのミニバンが経済的?