軽自動車のスポーツカーが熱いですよね。

最近で熱いのが、HONDAのS660にSUZUKIのアルトワークスです。本気で買いたい軽スポーツカーの2車種ですが、この2車種のスペックを比べてみましょう。

ce9e600a1190529b2dd20d7a19f9daa5_s

S660とアルトワークスの比較

S660   アルトワークス
3.395/1.475/1.180 全長/全幅 /全高 3.395/1.475/1.500
2.285 ホイルベース 2,460
0.125 最低地上高 0.155
830 車両重量 670
2 乗車定員 4
6MT(CVT) トランスミッション 5MT(5AGS)
MR 駆動方式 FF(4WD)
47[64]/6,000 最高出力
(kW[PS]/rpm)
47[64]/6,000
104[10.6]/2,600 最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
100[10.2kg・m]/3,000
 21.2 JC08モード燃費  23.0
油圧式ディスク ブレーキ(前) ベンチレーテッドディスク
油圧式ディスク ブレーキ(後)  リーディング・トレーリング
 165/55R15 75V(前)
195/45R16 80W(後)
タイヤサイズ 165/55R15 75V
 2,180,000円  価格  1,509,840円

安全装備は両者ともほぼ変わりません。HONDAはVSA、SUZUKIはESPと呼ばれる横滑りがした時でも、それを自動でスピン回避、アンダー回避するための装備がついています。

S660にはコーナリング時に車体を安定して曲がらせるアジャイルハンドリングアシストがついていますね。

S660は全高が低く、トランスミッションは6速。駆動方式はミッドシップで、2人乗り、前後で異なるタイヤですね。

アルトワークスは圧倒的な軽さ、4人が乗れるさ、が特徴ですね。

また、駆動方式がFFと4WDが選べるので、雪が降っている地域に住んでいる人でも買いやすいのが特徴ですね。

S660とアルトワークスの加速性能比較

S660とアルトワークスの加速性能を動画から比較してみましょう。

S660 

1分57秒から0-100 約11秒

アルトワークス

5分51秒から0-100 約9秒

マニュアルの場合は運転技術の差がでるとは思いますが、軽いアルトワークスの方が加速は良さそうです。

今、私が乗っているFIT2RS(前期型)と0-100は差がありません。

youtubeで軽自動車の加速を色々比べると、80km/h前後から加速が鈍っていく傾向が強いですが、アルトワークスは80km/hをすぎてもガンガン伸びていきますね。それに比べるとS660は80km/h以降若干伸びが悪い印象をうけます。加速性能は軽いアルトワークスに軍配があがります。

S660とアルトワークスどちらがいいのか

普段使いの使い勝手を考えたら圧倒的にアルトワークスになりますよね。加速性のは良く、4人乗ることができ、燃費も23km/ℓなので悪くないです。荷物も積むことができます。

さらにタイヤサイズも4本一緒で15インチなのでタイヤ交換でタイヤを選ぶときに面倒ではなさそうですね。1台持ちで普段使いからスポーツ走行まで楽しむのであれば、アルトワークスで決まりですよね。走りの性能もかなり良さそうです。

そして、購入価格も諸費用をいれても、1,650,000円で買えるワークスの方が魅力はかなり高いでしょう。

S660は1台では無理です。完全に一人でほとんど人を乗せないのであればS660もありですが、家族がいれば1台では無理なので、2台持ちは確実でしょう。荷物も乗らないですからね…。

そして車体も200万を超えるので、ちょっとお金がないと買うのはきついかもしれません。ただ、運転席に座った時の視線や座席に座ったドキドキ感はS660にあると思います。少なくとも私はそうでした。

しかし、komeの日記(http://minkara.carview.co.jp/userid/220985/blog/35938968/)を読むとS660はスポーツ走行をしようとすると、電子制御の介入がきつく、運転技術が高い人が攻め込んでいくと、

思ったように走ることができないのも欠点の一つのようです。サーキットのタイムを見ても、アルトワークスに軍配が上がりそうです。

まとめ

1台持ちで使うにしても、サーキットを走るにしても、アルトワークスの方が買いになる車になりそうです。

しかし、S660の低い視点からみる景色、後ろから聞こえるエンジンの音、非日常的な空間を堪能するのにはS660がほしいですね。

個人的にはお金が許すならば、贅沢な趣味として、S660に乗ってみたいです。サーキットを極めて走るぐらいの腕もなければコンマ1秒を争う必要もないですからね。

車を購入する方の目的と生活レベルで結局は変わるということです。ただ、日常使いをするのであればアルトワークスで決まりです。

 

自動車保険を考える

S660やアルトワークスを買うためにはお金が必要です。そして車にお金がかかるのは買うときだけではないですよね。ガソリン代・駐車場台・整備代・車検代など様々なことがかかってきます。

そして中でも大きな出費になるのが自動車保険です。どこの保険会社にはいってもかかるお金が一緒ならばどこでもいいのですが、入る保険会社によってその値段が全く異なります。

下に紹介している、SBI損保の保険は有名なビジネス誌ダイヤモンドでも保険料ランキング1位をなんと7年連続も取得しているのです。もちろん値段が安いからといって補償が充実してないわけではありません。

経験豊富なスタッフは365日24時間迅速に事故対応はしてくれますし、ロードサービスや自転車特約など保険内容も充実しています。

今の自動車保険で本当に大丈夫ですか?一度SBI損保でできる無料で見積もりをおすすめします。

保険料を安くするとアルトワークスやS660、欲しい車を手に入れやすくなることまちがいなしです。

保険の更新もしくは、新規の保険にはいる時は無料で見積をしてしっかりと比較してみましょう!

関連記事