1. TOP
  2. ライフハック
  3. おばあちゃんの知恵袋。これなら本当に美容に効果がある!

おばあちゃんの知恵袋。これなら本当に美容に効果がある!

 2015/08/20 ライフハック
この記事は約 4 分で読めます。 2,045 Views

 8月19日放送のソレダメにておばあちゃんの知恵袋は本当なのか検証されていました。その中から本当に効果があったものゴーヤ風呂・ハイビスカス・昆布風呂の効果についてまとめてみました。

スポンサードリンク

ゴーヤ風呂であせもが治る

cae39c29e9720e836fbbe2fff49ef67f_s

沖縄のおばあちゃんの知恵袋はゴーヤ風呂。ゴーヤ風呂はあせもが治ると言われています。その効果は本当なのでしょうか。

沖縄の方々は口々にあせもができたらゴーヤの葉っぱで体を拭いたらぶつぶつが治るという人や、ゴーヤを風呂に入れたらあせもが治ったという意見が多く聞かれていました。

ゴーヤ風呂の作り方

ゴーヤとゴーヤの葉っぱを鍋で煮込みます。そしてゴーヤの葉っぱが柔らかくなってお湯の色が変われば完成。

お風呂の中に葉っぱごとそのエキスを投入するのです。そしてゴーヤの葉っぱで身体中を洗うと完璧です。番組の放送ではプールの中に入れていましたが、温かいお風呂の中に入れても効果があるそうです。

ゴーヤ風呂の効果は

東京都市大学の早坂伸哉教授によると、あせもが出た時にゴーヤ風呂に入るのは効果が期待できるのだそうです。

ゴーヤの葉っぱから抽出したフェノール類(ハーブやお茶などにも含まれているのです。)という成分が皮膚の炎症に効果があるという研究結果があるのです。

煮込むことで抽出され、肌の炎症を抑制し殺菌作用があると言われているのです。

汗かきの子供に使えるので試してみたいですね。

スポンサードリンク

風呂に昆布を入れると美肌になる

北海道のおばあちゃんの知恵は、お風呂に昆布を入れるとお肌がツルツルになるです。

お風呂に昆布が入っていると肌がスベスベする。ツルツルになるという事がおじいちゃんとおばあちゃんの口々から聞かれていました。

実際に昆布風呂の効果はあるのでしょうか

北海道大学の安井肇先生によると、お風呂に昆布を入れると美肌になるのは効果があると話します。

昆布に大量に含んでいるネバネバ成分の中にはフコイダンやアルギン酸が入っているのです。これらが身体中を包み込み、肌が保湿されて再生機能が活発になるのだそうです。

安井先生はパックを自然のものでやっている状態になると話ます。

髪をハイビスカスで洗うと良い

沖縄のおばあちゃんの知恵袋2つ目はハイビスカスで髪の毛を洗うと良いといういう内容です。沖縄ではハイビスカスは仏桑花とも呼ばれ、庭や店先など様々な場所で見られる一般的な花ですね。

ハイビスカスで髪の毛を洗う方法は

使うのはハイビスカスの葉っぱのみです。

  1. ハイビスカスの葉っぱを細かく刻んでたらいの中に入れます。
  2. そこに水を加えて揉み込んでいくとぬめりがでてきます。
  3. 揉み込んで出たぬめりを葉っぱごと髪の毛に塗りこんでいきます。
  4. タオルで包んで10分程度保湿します。

その後普通に髪の毛を洗えば終了です。

ハイビスカスで洗髪する効果は

琉球大学の小西照子先生によるとハイビスカスの葉っぱで髪の毛を洗うといいのだそうです。

上記の方法で洗髪すると、ハイビスカスの葉っぱに含まれている多糖の成分が溶けだしてくるのです。多糖が汚れを吸着させる働きがあるのです。

また、保湿作用や抜け毛の原因となる酵素を抑える作用もあると言われています。

 

おばあちゃんの知恵袋の中には科学的にもちゃんと証明されているものもたくさんあります。住んでいる場所によって、なかなか材料を用意することが大変ですが、効果があるものは是非試してみたいですね。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

Look for the topicの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Look for the topicの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!作業療法士は10年以上の経験があります。最近はメディカルで使うアロマの資格をとりアロマのある生活を送っています。自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • アロマを楽しむおすすめのディフューザーは無印良品のもの!

  • アロマで気持ちが落ち着く。どんな精油を選ぶといい?

  • アロマテラピーに使う精油(アロマオイル)の選び方

  • アロマオイル(精油)のケースを購入。精油の管理が楽になった!

合わせて読みたい記事

  • シナシナになったレタスを復活させるには意外な方法が正しかった

  • カルピスを最後まで最高においしく飲む5つの方法

  • おじゃマップで終活に必要な遺言書の書き方を学ぶ

  • トイレの壁紙の黄ばみ汚れを簡単に落とす方法!

  • カニの身を超簡単に取る方法

  • 正月太りを防ぐ。お雑煮、お餅を食べるときに太りにくい食べ方とは