1. TOP
  2. ライフハック
  3. トラックボールマウス。親指で操作できるロジクールSW-M570レビュー

トラックボールマウス。親指で操作できるロジクールSW-M570レビュー

ライフハック
この記事は約 5 分で読めます。 17 Views

普通の光学式マウスを使っていたんですが、

  • マウスを動かすスペースが少ないこと
  • トラックボールマウスをに興味があったこと

を理由にトラックボールマウスへと買い替えました。

購入したのは、トラックボールマウスの中でも比較的安い値段で買えた、ロジクールのSW-M570を購入しました。

初めてのトラックボールマウスを使った使用感やトラックボールマウスのメリットやデメリットを書いていきます。

[ad#ad3]

トラックボールマウスのメリット

置き場所が狭くてもいい

トラックボールマウスはカーソルの操作を手首ではなく、親指などで操作するので、マウス本体を動かす必要がありません。

なので、マウスの置き場所が狭くても、十分に操作をすることができます。

手首を動かさなくていいので、手首の痛みがマシになる可能性がある。

トラックボールマウスは、マウス本体の上側についているトラックボールを親指などで操作するので、手首を使ってマウスを操作する必要がありません。

マウス操作の際手首を動かさないことで、手首の負担が軽くなります。

トラックボールマウスに買い替え(SW-M570)手首が痛い!を解消する

トラックボールマウスのデメリット

慣れるまで細かい操作がけっこうしにくい

一般的なマウス本体を動かしてカーソルを動かすものと比べると、トラックボールマウスは細かい操作がしにくいです。

今回購入したロジクールのSW-M570という機種のトラックボールマウスは右手の親指でトラックボールを操作するものなんですが、普段親指を使わないので、細かい操作がしにくいです。

細かい場所にカーソルを持っていくのも最初は苦労しました。

これはすぐに慣れましたが。

ただ、ドラックアンドドロップをしたり、範囲選択をするときには、少しぎこちない操作になってしまいます。

慣れるまで少し時間がかかりますね。

時々トラックボールの清掃が必要

今のマウスは光学式とかレーザー式のものが多いので、昔のようにボールとかその周辺のゴミ取りをしなくても良くなりました。

でも、トラックボール式のマウスは文字通りボールを操作するので、定期的にボールの清掃が必要です。

ロジクールSW-M570

ロジクールSW-M570はAmazonで3980円で売っていましたが、ビッグセールの時に購入したので、2,980円で買うことができました。

SW-M570は専用のレシーバーでワイヤレスでの接続が可能

ロジクールSW-M570は、ワイヤレスでの接続が可能です。

Bluetooth対応ではなく、ロジクールのUnifyingレシーバをー使って無線接続をするタイプになりますね。

Unifyingレシーバーは、SW-M570の中についてくるので、別途購入する必要はありません。

ただ、USBをひとつ占拠することになるので、USBの数が少ない場合はちょっと不便かもしれませんね。

電源は単三電池1本

マウス本体は単3電池1本で使用できるタイプになっています。説明書などの表示によると、単3電池1本で18ヶ月使用することができます。

1年ほどは電池交換する必要はなさそうですね。最初から単三電池1本がついています。

マウスのボタンは5つ

SW-M570は通常の左ボタン・右ボタンの他にスクロールホイールもついているので、画面をスクロールさせるのは簡単にできます。

また、戻るボタン・進むボタンもついているので、ネットを見てるときの戻る・進むなどの操作が簡単にできます。

SW-M570の大きさ

特殊な形をしているので、サイズで大きさを表すことはできないんですが、男性の普通の大きさぐらいの手でピッタリ収まるぐらいの感じです。

大きすぎず小さすぎずという大きさで、普通サイズのマウスを使って違和感がなければそのまま使えるかなってかんじですね。

汚い机の上にマウスを置いてみましたが、こんな感じで置くことができました。

今までマウスだったら、マウスを持ち上げて操作しないといけないことも少しあったんですが、トラックボールマウスならその必要もありません。

トラックボールマウスなら狭い場所でもマウスを動かすことなくポインターを動かせるのはすごく便利がいいですね。

トラックボールマウスを使うこなすには慣れがかなり必要になりそう…。

コレまで普通のマウスを使っていて、トラックボールマウスに持ち帰ると親指の微妙な操作がすごく要求されるので、細かい操作は本当に難しい感じです。

最初は親指に余計な力が入って、細かい場所にカーソルを持っていくのに何回もマウスを動かすなんてことになりますね。

親指に力がはいる分、親指が痛くならないか心配ですね。

ただ、操作に慣れてしまえば、狭い場所でも気にせず使えるし、手首を頻繁に動かさなくていいので、手首には優しそうです。

しばらく使ってみて、またレビューを追加してみたいと思います。

[ad#ad1]

\ SNSでシェアしよう! /

Look for the topicの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Look for the topicの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、作業療法士は10年以上の経験があります。最近はメディカルで使うアロマの資格をとりアロマのある生活を送っています。自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • Surface Book2を少しでも安く買うためにしたこと

  • サーフェスプロ3のバッテリがー膨張したので、マイクロソフトに修理の電話をしてみた結果…。

  • スプラトゥーン2はプロコンがベスト。任天堂以外のコントローラーは

  • U-NEXTの値段が高いのに使い続ける理由

合わせて読みたい記事

  • 林修が教える意外と知らない伊勢神宮のお参りの方法

  • 血圧が低いから朝起きれないのは間違い。本当に理由とは?

  • 自撮り棒は旅行の必需品!Amazonで買える安物セルカ棒をレビュー

  • コス子が教えるコストコおすすめ巨大食材の上手な保存方法

  • 芸能人格付けチェックに学ぶ知っておくべきお葬式の作法

  • 乾燥機の電気代を節約するために乾燥時間を短くする方法