1. TOP
  2. お出かけの話題
  3. スキー場に車で行く時タイヤはどうする?スタッドレスorチェーン?

スキー場に車で行く時タイヤはどうする?スタッドレスorチェーン?

 2017/12/27 お出かけの話題 自動車
この記事は約 8 分で読めます。 1,461 Views

雪がないところに住んでいて、たまーに車でスキー場に行こうって思った時、スタッドレスタイヤを購入するかチェーンで行くか迷いますよね。

僕はスタッドレスタイヤでもノーマルタイヤで+チェーンのどちらでもスキー場に行った経験があります。

それを踏まえて、スキー場に行くならスタッドレスタイヤがおすすめ!なぜスタッドレスタイヤの方がいいのか書いて行きます。

 

基本的にはスタッドレスタイヤをつけてスキー場に行くのがおすすめ

 

スキー場に行くとしても、高速道路のインター近くのスキー場に行くなら、道に雪が積もっているのはほんの少し。

80%~90%の道には雪がなくて、ノーマルタイヤでも走れそうな道。

だからスタッドレスタイヤを買うのがもったいないってことになるんですが、基本的にはスタッドレスタイヤを履いていたほうがいいです。

インターから離れたスキー場に行くならスタッドレスタイヤの方がいい

インターから離れたスキー場に行くときは岐阜でもスタッドレスタイヤを装着するほうがいいです。

チェーンで走る距離が長いと、ガタガタいうし、運転に気を使うし疲れます。駆動輪にチェーンをつけていても、そうじゃないタイヤはタダのノーマルタイヤですからね。

チェーンをつけていないタイヤが滑るなんてことは普通にあります。

チェーンをつけるタイミングもすごく迷いますし、常に路面に気を使いながら走るのは疲れます。

スタッドレスタイヤをつけているからといって滑らないわけではないですが、いちいち路面の状況を気にしてチェーンをつけるタイミングを探すのから解放されます。

一般道が長いと、チェーンをつけたいって思ってもチェーンをつける場所がないとだめですしね。

関西圏から長野県のスキー場までいくなら絶対にスタッドレスタイヤはいる

僕が関西に住んでいるで、関西圏の話しになっちゃいますが、岐阜・滋賀・兵庫などのスキー場では物足りないときは長野県までスキーに行きます。

長野県までスキーに行くならスタッドレスタイヤは絶対に装着です。

高速道路上にも雪が積もっていることがあるし、チェーンの付け外しなんか何回もできません。

それに、インター降りたらすぐ雪だし雪の山道を進まないといけないし、スタッドレスタイヤをつけてない人の方が圧倒的に少ないです。

高速道路の山間区間は突然の雪に見舞われるからノーマルタイヤは怖い

続けて関西の話で申し訳ないですが、大阪から名古屋方面に高速道路で向かうと雪が振りやすい区間があります。名神高速道路の関ヶ原~米原付近ですね。

寒い時は、チェーン規制がでていなくても、いきなり雪に変わってあっという間に路面が白くなるってこともあります。

岐阜のスキー場に行くなら通らないといけない人が多い場所ですね。

山間区間になるので勾配もカーブもちょっとキツめの区間です。

実際にドライだった高速道路が関ヶ原~米原区間を走っているときに、雪が降り、路面が白くなるってことがありました。

その時ノーマルタイヤで走っていた僕の目の前の車が滑って高速道路の上をくるくる回ってました。まじ最悪です。

幸いどこにもぶつからずに止まっていましたが、道は塞ぐし渋滞作るし、これからどうやって走るつもりなの?って思いました。

高速道路でも山間部は天気が変わりやすくて、急に雪が積もる可能性もあります。チェーンだとすぐに対応しづらいので、スタッドレスタイヤの方が便利です。

スタッドレスタイヤをつけていれば、速度を落とす→それでも無理ならチェーンをつけるってこともできますし、冬の高速道路を走る時はスタッドレスタイヤがあったほうが絶対に安心です。

雪道に慣れていないと路面の状況を読むのが大変

チェーンはいちいちつけたり外したりもできないし、乾いているところを走っていればチェーンが切れる可能性もあるから、なるべくギリギリでつけたいと思います。

でも、雪道に慣れていないとどこからチェーンをつけるべきなのかその判断が難しいです。

周りに合わせてつければいいのかもしれませんが、周りの車がノーマルタイヤかなんかパット見わからないですから。

雪道に慣れていない人ほどスタッドレスタイヤでゆっくり走るのが安心です。

スタッドレスタイヤが買えない…。チェーンで行くならこんな時にする

僕自身スタッドレスタイヤでもノーマルタイヤ+チェーンでスキー場に行ったことはありますが、スタッドレスタイヤの方が絶対的に安心です。

ただ、スタッドレスタイヤは高いし、普段は必要ないのであれば購入するのはもったいないです。

ノーマルタイヤ+チェーンでスキー場に行くならこんなことを気をつけておけばいいですよ。

  • 寒波がやってきて高速道路(特に名神高速)に雪が積もっているような状況を避ける
  • 高速道路のインターチェンジを降りてすぐのスキー場にする
  • 路面が凍結しそうな時間帯に走るのを避ける

 

雪道をスタッドレスタイヤなど滑り止めの対策を行わなかった場合刑罰を受ける場合も

関西の都市部に住んでいると、めったに雪が降らないからたまに降る雪道をノーマルタイヤでゴリ押しで走る人がいます。

これって、犯罪になる可能性があります。

道路交通法で道路が凍結している場合、雪が積もって滑りやすい状態になっている場合は、スノータイヤもしくはタイヤチェーンなどの滑り止めが必要と記載されています。

違反すれば反則金を払うことになりますね。

ただ、雪道で滑り止め対策をせずに事故を起こした場合、刑事裁判となり5万円以下の罰金を支払わないといけません。

他人に損害を与えた場合の過失割合も高くなり、多額の損害賠償の責任を負うことにもなります。

タイヤチェーンを持っていてもつけていなければ同じこと、タイヤチェーンをつけるタイミングを間違えて滑ってぶつけたら、楽しい旅が台無しになっちゃいます。

だから、スタッドレスタイヤを装着しておくことがおすすめなんです。

スタッドレスタイヤがついたレンタカーでスキー場に行く

でも普段雪降らないし、たまにしか行かないスキー場のためにスタッドレスタイヤを買うのは馬鹿らしいという人は、レンタカーでスキー場に行くというのも一つの方法です。

2人でスキーとかボードに行くのであればフィットクラスの車をレンタルすれば余裕でいけます。

タイムズレンタカーでフィットを1日借りると

1300ccのガソリン車のフィットで

  • 24時間 6048円
  • スタッドレスタイヤ 1620円
  • タイヤチェーン 1620円
  • ボードキャリア 1080円
  • 安心補償コース 2160円

補償を充実させて、24時間使って12,528円程度です。1シーズンで日帰りスキーを2度ぐらいしか行かないぐらいならレンタカーでOKですね。

安いところで借りれば24時間10,000程度で行けるんではないでしょうか。

スタッドレスタイヤをレンタルしてマイカーでスキー場に行く。

レンタカーよりも自分の車で行きたい。けどスタッドレスタイヤは買いたくない人におすすめなのがレンタルスタッドレスタイヤです。

名神タイヤというところのレンタルスタッドレスの料金を見てみるとタイヤ交換の作業工賃込みで

ホイールのサイズが15インチまで

  • 1泊2日 8000円
  • 2泊3日 10000円
  • 3泊4日 12000円

16インチ

  • 1泊2日 10000円
  • 2泊3日 12000円
  • 3泊4日 14000円

ぐらいのお値段で借りることができます。場所によって値段の設定は違いますがおおよそこれぐらいの値段です。

自分の車でスキー場に行って連泊する時にはレンタルスタッドレスタイヤが便利いいですね。

シーズンに何回もスキー場に行くならスタッドレスタイヤ、何回ぐらい行くなら買うべき?

スタッドレスタイヤは12月~3月ぐらいまで履いて、ちゃんと保存しておけば、今のスタッドレスタイヤなら5年ぐらいは大丈夫です。

ゆっくり走れば、5年目のスタッドレスタイヤを履いてスキー場に行っても、事故をしたことはありません。

スキー場にたどりつけなかったこともないですし。

だから1シーズに2回スキー場に行けば10回は雪道でスタッドレスタイヤがパワーを発揮してくれます。

10回も行けばレンタカー12万ぐらいレンタルスタッドレスでも10万ぐらいはお金がかかっちゃうんです。

1シーズンに2回程度スキー場に行くのなら、スタッドレスタイヤ購入してもそれほど高くつかないです。

安いタイヤ屋さんなら、ミニバンに入れる16インチのスタッドレスタイヤでBLIZZAKとかアイスガードとか買ってもホイール込みで12万前後です。(自分でタイヤ交換をする場合)

スタッドレスタイヤを買うメリットはスキーだけじゃない

スタッドレスタイヤがあるとスキー場に行くときだけじゃなくて、旅行に行くときの安心感持ちがいます。

突然の雪でも慌てる必要がないので、北日本・北陸なんかへの旅行も車で気軽に行くことができます。

関西なら、城崎とか香住にカニを食べに行くなんて時もスタッドレスタイヤがあると安心です。

問題はタイヤの保管場所

戸建てに住んでいる人なら、タイヤ置き場を作ることは難しいことではありませんが、賃貸だったり、マンションに住んでいると場所が確保できない場合も。

店舗によってはタイヤ預かりサービスもありますが、年間20000円近くとられますし、タイヤ交換の工賃もとられます。

置き場所がない場合はレンタカーだったり、レンタルスタッドレスの方が現実的で安くつきますね。

 

スキー場に行くときは基本的にはスタッドレスタイヤがある方がいいです。特に雪に慣れていない人はスタッドレスタイヤ+安全運転で事故の可能性を下げることができます。

スタッドレスタイヤは高いですが、安心を買うと思えば必要なものです。

冬のスキーにはスタッドレスタイヤをつけるようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

話題を探る!!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

話題を探る!!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • Amazon Echo(エコー)のレビュー。大きさ・設定方法・音質の事などまとめました。

  • リハビリのセラピストの勉強・練習におすすめのトリートメントベッド

  • 傘で風に強いものを選ぶならシンカテールがいい!最強のビニール傘

  • 髪の毛をつやつや・サラサラにする方法は洗髪とドライヤーを変えるだけ!

合わせて読みたい記事

  • 新型N-BOXにおすすめのグレード!メインで乗るならこれで決まり

  • 高速道路のわずかな眠気が追突の原因に。目を開けてるつもりでも寝ている?

  • スタッドレスタイヤブリザックにするかアイスガードにするか比較した

  • ホンダのハイブリッドの評価がひどい…買ってはダメって本当?

  • FIT3のビッグマイナーチェンジ。見た目と中身どこが変わった?

  • オートライトが義務化。ハイビームの自動切り替えもしてほしい