1. TOP
  2. 自動車
  3. ドライブレコーダーの安全運転支援機能は必要ない?

ドライブレコーダーの安全運転支援機能は必要ない?

 2018/09/02 自動車
この記事は約 7 分で読めます。 50 Views

最近のドライブレコーダーはただ、運転中とか事故があったときの動画を記録してくれるだけではなく、色々な機能がついています。

なかでも最近のドライブレコーダーには安全運転支援機能がついているものが増えてきました。

でも、ドライブレコーダーに本当に安全運転支援機能は必要?

コレがすごく疑問だったので、ドライブレコーダーの安全運転支援機能はどんなものなのか?本当に安全運転支援機能は必要なのかまとめました。

ドライブレコーダーの安全運転支援機能はどんなことをしてくれるのか?

ドライブレコーダーの代表的なメーカー、KENWOOD・ユピテル・コムテックの安全運転支援機能を調べてみると次のような機能が装備されています。

前方衝突警告(前方衝突防止アラート)

前方との車間距離がつまるとアラームを鳴らしてお知らせしてくれる機能です。

ブレーキを操作してくれるわけではないですが、ぼーっと運転している時に音で反応することができるので、事故を防ぐことができるかもしれません。

車線逸脱警告(レーンキープアシスト)

車線をはみ出すと音で警告してくれます。これももちろん音がなるだけ。

高速道路とか郊外の道を長時間運転しているともしかしたら役立つことがあるかもしれませんね。

ただ、車線を捉えることができないこともあるので、100%警告してくれるとは限りません。

KENWOODのものは60km/hを超えた時に警告してくれますね。

発進遅れ警告(スタートインフォメーション)

前の車が発進したことをお知らせしてくれる機能です。

信号待ちでちょっと助手席のものを取ったり、カーナビをチェックしたり、ぼーっとしている時に前の発進に気が付かずにクラクションを鳴らされることたまーにあります。

発進遅れ警告があれば、前の車が発信したら警告音を鳴らしてくれるので、発進遅れの可能性が激減しますよ。

ドライブサポート機能

ドライブレコーダーの加速度センサーを利用して急加速・急減速・急ハンドルを検知してお知らせしてくれる機能です。

特に必要のない機能ですね。急がつく操作は自分でしているので、わかっていることだと思うので。

おまけみたいな機能です。

車速アラーム機能

設定した速度に達したらアラームを鳴らしてくれる機能です。コレもおまけですね。

速度に反応してアラームがなられたらうっとおしいだけだと思いますけどね…。

リフレッシュ通知

長時間運転した時に、休憩を促してくれる機能です。

エコドライブ表示

車の加速度を検知して、急発進や急ブレーキをせずに燃費に優しい運転ができているかどうかを教えてくれる機能です。

 

メインの安全運転支援機能は『前方衝突警告』『車線はみだし警告』『前方発進検知』この3つがメインですね。

その他の運転支援機能は便利かもしれないですが、あってもなくてもどっちでも良い機能ですね。

ドライブレコーダーに安全運転支援機能は必要なのか?

ドライブレコーダーの安全運転支援機能は、カメラで捉えたものを音で警告するだけなので、それほど必要な機能とは言えないですね。

運転を直接サポートしてくれるわけではなく、警告音を鳴らしてくれるだけなので、ドライブレコーダーのメインの機能である録画機能を優先するほうがいいです。

ほしいドライブレコーダーに安全運転支援機能がついてたらそれはそれでいいかなっていう程度です。

あえて安全運転支援機能のついてものを選ぶ必要はないでしょう。

以前カメラ付きのカーナビに同様の機能がついていましたが、便利が良かったのは前方発進検知だけですね。

色々な音がなるから何が警告音が気にならなくなってくる

今の車は色々なものから音がなりますよね。

カーナビも色々喋りますし、レーダー探知機をつけていたらレーダー探知機もしゃべるし、さらにドライブレコーダーまで音がなったらだんだん警告音がどうでもよくなってきます。

何から何までピーピー言ってた音が鳴ってるのはわかるけど、あんまり警告音を意識しなくなっちゃいます。

なので、あんまり意味がなくなっちゃいますよね~。

前方発進機能は信号待ちでうっかりしている時には、後ろから余計なクラクションを鳴らされないのでいいんですけどね。

安全運転支援機能は車についているものが良いに決まっている

当たり前なんですけど、各社メーカーが出している運転支援機能、2つのカメラを搭載するアイサイトとか、レーダーと単眼カメラで検知するホンダセンシングなどのほうが圧倒的にいいわけです。

カメラとレーダー、2つのカメラで捉えるからこそより正確に情報を捉えることができるってことです。

ドライブレコーダーの価格で、単眼カメラだけで、それほど高性能な安全運転支援機能は期待できないです。

安全運転支援機能がついているかついていないかだけで迷うなら、ついていなくても少しでも安いほうがおすすめです。

おすすめのドライブレコーダーは

ケンウッドDRV-325

KENWOODのDRV-325はドライブレコーダーとしては最低限の機能を備えたものです。

  • HDR
  • 常時録画・イベント録画
  • 駐車監視機能
  • LED信号機対応
  • カメラ211万画素
  • フルHD
  • 地デジノイズ対応

など最低限ドライブレコーダーに必要な機能は搭載されています。

DRV-325は最初からMicroSDが32GBついてくるので、その他の何も買わなくても使うことができます。

(2018年9月2日時点ではDRV-320もMicroSDの容量が16GBに増やされているのでそちらでもOKです)

このモデルは実際に使用していますが、ナンバープレートもしっかりと記録されますし必要十分です。

欠点は対角での画角が111°とあまり広角ではありません。

最近のモデルだと対角での画角が168°と広角なものがあるので、左右に広く映像が写ってほしい方にはおすすめできません。

安全運転支援機能はもちろんついていません。

金銭的にOKならコムテックの前後カメラ搭載のドライブレコーダーZDR-015

ドライブレコーダーは前方向からだけでは後ろからも追突されたり、煽られたりすることがあります。

なので、前にも後ろにもドライブレコーダーはつけることが本当におすすめです。

ドライブレコーダーを2個買うことを思えば安く買えるのがコムテックのZDR-015です。

  • メインカメラ 200万画素 対角145°
  • 後方カメラ 200万画素 対角140
  • 安全運転支援機能(先行者発進お知らせ・先行者接近お知らせ・車線逸脱警報)
  • MicroSDHC 16GB付属
  • GPS搭載
  • LED信号機対応
  • フロントカメラのみHDR
  • 常時録画・イベント録画
  • 地デジノイズ対応

ドライブレコーダーとしての機能はもちろん、安全運転支援機能などのついていて、ドライブレコーダーでは十分以上の機能です。

実売価格は25,000円前後なので、お高いドライブレコーダーです。

後方のカメラはHDRは搭載されていませんが、画素数は200万画素と十分。カメラのセンサーも前後同じサイズのものがついています。ナンバープレートを映すことは十分可能ですね。

YouTubeの映像をみていると、近くまでよれば、ナンバープレートがなんとか映っている感じですね。

2台買って取り付けるのが面倒ならばおすすめなドライブレコーダーです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Look for the topicの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Look for the topicの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

ケンイチ

普段は作業療法士として病院でお仕事をしている、セミシングルファーザー!自分の経験を踏まえながら、役立つ情報をまとめて発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 都会住みでもスタッドレスタイヤは買うべき。雪が降ったら乗るな

  • アロマオイル(精油)を飲用するなんてやめたほうがいい

  • 大阪で昼間にホテルを利用(デイユース)利用できる時間ごとにまとめました

  • 緊急時にiPhoneで警察・救急に簡単に連絡する方法

合わせて読みたい記事

  • ドライブレコーダーはLED信号が消える?対応モデルを買おう!

  • アルトワークスとS660を比較してみた。どちらが買いなのか?

  • ジュニアシートのおすすめはコレ!タカタ312をレビューしてみた

  • コンパクトカーと軽自動車の違いは?本当にどっちを選べばいい?

  • ステップワゴンにもHYBRIDモデルが登場!2017年9月マイナーチェンジ

  • ケンウッドのドライブレコーダーDRV-325レビュー。安くても画質満足できる。